全国小売店の販売データを集計する日経POS情報で、2020年9月の来店客千人当たり販売金額の前年同月比伸び率を調査したところ、食品ジャンルの増加率トップは「乾燥豆」。家庭用品カテゴリーの同3位に「たばこ・喫煙関連用品」が入った。

伸び率トップ「乾燥豆」のリード役は小豆だった(写真/Shutterstock)
伸び率トップ「乾燥豆」のリード役は小豆だった(写真/Shutterstock)

 日経POS情報の食品ジャンルにおける2020年9月の前年同月比伸び率上位は、1位「乾燥豆」(65.1%増)、2位「リキュール」(44.1%増)、3位「スピリッツ」(41.6%増)、4位「生クリーム」(34.3%増)、5位「果実缶詰」(31.7%増)の順だった。

日経POSデータ 食品カテゴリーにおける前年同月比伸び率ランキング
日経POSデータ 食品カテゴリーにおける前年同月比伸び率ランキング
※増減率が同じで順位が異なる場合は、小数第2位以下で差がある
乾燥豆の来店客千人当たり販売金額の推移
乾燥豆の来店客千人当たり販売金額の推移

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。