全国小売店の販売データを集計する日経POS情報で、2020年9月の来店客千人当たり販売金額の前年同月比伸び率を調査したところ、食品ジャンルの増加率トップは「乾燥豆」。家庭用品カテゴリーの同3位に「たばこ・喫煙関連用品」が入った。

伸び率トップ「乾燥豆」のリード役は小豆だった(写真/Shutterstock)
伸び率トップ「乾燥豆」のリード役は小豆だった(写真/Shutterstock)

 日経POS情報の食品ジャンルにおける2020年9月の前年同月比伸び率上位は、1位「乾燥豆」(65.1%増)、2位「リキュール」(44.1%増)、3位「スピリッツ」(41.6%増)、4位「生クリーム」(34.3%増)、5位「果実缶詰」(31.7%増)の順だった。

日経POSデータ 食品カテゴリーにおける前年同月比伸び率ランキング
日経POSデータ 食品カテゴリーにおける前年同月比伸び率ランキング
※増減率が同じで順位が異なる場合は、小数第2位以下で差がある
乾燥豆の来店客千人当たり販売金額の推移
乾燥豆の来店客千人当たり販売金額の推移
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

【新刊発売中】
書籍『マーケティング視点のDX』江端浩人著

DXが「デジタル化」で終わっていませんか?
DXをIT部門に“丸投げ”していませんか?
DXはマーケターの仕事です!
今こそマーケティング視点のDX(DX2.0)を進めよう

DX2.0の「4P」モデル(Problem、Prediction、Process、People)を提唱
国内外の企業事例(富士フイルム、ウォルマート、Zoom…)を10社掲載
「企業のDX診断」、今日から活用できる「DXワークシート」を収録
BP SHOPで購入する
アマゾンで購入する