JR有楽町駅から新橋駅に至る高架下に2020年9月10日、商業施設「日比谷OKUROJI」(ヒビヤ オクロジ)が開業した。築100年を超える赤れんがのアーチを生かした空間を、JR東日本とJR東海が手を組み、「通な大人の通り道」として再開発。銀座・有楽町・新橋に回遊を生み出せるか。

築100年を超える赤れんがの空間を生かして開発された「日比谷OKUROJI」
築100年を超える赤れんがの空間を生かして開発された「日比谷OKUROJI」

「次の100年」に向けた街づくりに寄与

 有楽町から新橋の駅間には、1910年に造られた赤れんがのアーチが特徴的な高架下空間がある。そこに新たな通路を開通し、個性的な物販店・飲食店を集めたのが「日比谷OKUROJI」だ。出店数は30店舗。年内にはさらに6店舗が開業する予定で、最終的に約50店舗を目指す。通路は20年12月より24時間開放する予定だ。

有楽町~新橋の駅間の高架下に新たな“通路”が生まれ、「日比谷OKUROJI」が開業。物販・食物販14店舗と飲食16店舗がオープンした。通行は午前10時~午後11時。20年12月より24時間開放する予定
有楽町~新橋の駅間の高架下に新たな“通路”が生まれ、「日比谷OKUROJI」が開業。物販・食物販14店舗と飲食16店舗がオープンした。通行は午前10時~午後11時。20年12月より24時間開放する予定
明治末期に造られた⾚れんが⾼架橋が街に溶け込んでいる。設計はベルリンの高架橋建設に携わった鉄道技師が主導し、腕利きの職人たちが組み上げた
明治末期に造られた⾚れんが⾼架橋が街に溶け込んでいる。設計はベルリンの高架橋建設に携わった鉄道技師が主導し、腕利きの職人たちが組み上げた

 日比谷OKUROJIのネーミングにはどんな意図があるのか。開発を手がけたジェイアール東日本都市開発(東京・渋谷)によると、この立地が日比谷と銀座の中心地から少し離れた「奥」にあり、高架下通路の秘めたムードを「路地」という言葉に置き換えることで「オクロジ」と命名したとのこと。“通な大人たち”が何かを探し求めたくなるような期待感と、100年の歴史が潜む穴場感を表現しているという。

傘のカスタマイズ専門店「Tokyo noble」(トウキョウノーブル)。生地、持ち手、飾り房、柄の長さを自由に選んで組み合わせられる
傘のカスタマイズ専門店「Tokyo noble」(トウキョウノーブル)。生地、持ち手、飾り房、柄の長さを自由に選んで組み合わせられる
北海道旭川で100年以上続く印染メーカーの「水野染工場」。職人による手染めの温かみ、独特の風合いが感じられる手ぬぐいなどを販売する。希望の柄入りや名入りのオーダーも可能だ。店内で藍染の実演も披露
北海道旭川で100年以上続く印染メーカーの「水野染工場」。職人による手染めの温かみ、独特の風合いが感じられる手ぬぐいなどを販売する。希望の柄入りや名入りのオーダーも可能だ。店内で藍染の実演も披露

 さらに銀座でも有楽町でも新橋でもなく「日比谷」を冠したのは、18年3月に開業した「東京ミッドタウン日比谷」がけん引する、新しい街づくりとの一体感を印象づけるのが狙いだ。「お客の流れを見ると、日比谷一帯は今やビジネス街である以上に飲食の街。日比谷の一員として勢いのあるエリアに入り、そのにぎわいを広げようと考えた」とジェイアール東日本都市開発総務部担当部長(広報)の菅野昭彦氏は話す。

 ノスタルジーを誘う赤れんがは残しつつも、目指すのは次世代に向けた街づくりだ。「仕事や用事で来た半径1キロ内にいる人に、ついででもいいので立ち寄ってもらいたい。先輩が残したものを引き継ぎ、“次の100年”に歴史をつなぐスタートになれば」と菅野氏は期待を寄せる。

関東大震災でも倒壊を免れ、100年を超えてたたずむ赤れんがのアーチ。耐震補強⼯事と併せて再開発が行われた
関東大震災でも倒壊を免れ、100年を超えてたたずむ赤れんがのアーチ。耐震補強⼯事と併せて再開発が行われた

 もともと日比谷は近代化に向けて開明的な地だった。歴史をひもとけば、1883年に鹿鳴館、1890年に帝国ホテルが完成。日本で最初の鉄道が新橋~横浜(現在の汐留~桜木町)駅間に開業したのが1872年。明治末から大正初めにかけて東京駅まで鉄道が延伸し、有楽町~烏森(現在の新橋)駅間が開通したのが1910年、この年にれんがのアーチが誕生した。設計はベルリンの高架橋建設に携わった鉄道技師が主導し、全国から集められた腕利きの職人たちによって組み上げられた。幸い、関東大震災でも倒壊を免れ、建設当時のまま残っている。

趣のある空間を緻密な照明計画で演出。アーチ形状が美しく見えるように、角度や照度を念入りに調整した
趣のある空間を緻密な照明計画で演出。アーチ形状が美しく見えるように、角度や照度を念入りに調整した

 この立地は有楽町と新橋の間、銀座と日比谷の間にあり、商用価値の高いエリアとされる。にもかかわらず、開発されないまま半世紀が過ぎた。菅野氏によると「開発前の高架下は寂しい状態だった」という。1964年には、東京オリンピックに向けて街の開発が進んだ。そのとき開通した東海道新幹線の高架下に外国人向けのインターナショナルアーケードが造られたが、そこも老朽化し「暗くて1人では通れないほど」(同氏)だったという。つまり今回のプロジェクトは、64年以来の再開発となる。

 敷地の開発規模は約7200平方メートル。有楽町側の入り口から新橋側の入り口まで直線で300メートル。その上を走るのが全部で8本の線路だ。西側のれんがアーチの上を京浜東北線の上下線と⼭⼿線の内回り・外回りの計4線が⾛る。その東隣りを東海道線の上下2線、さらにその隣りを東海道新幹線の上下2線が⾛っている。

 このうち京浜東北線と山手線、東海道線のエリアはJR東日本の用地で、東海道新幹線のエリアはJR東海の用地だ。両社は事業のコンセプトや施設計画を共有し、全体のバランスに配慮しながら、協業して開発を進めたという。ちなみにJR東海は有楽町に近い6区画で「日比谷グルメゾン」を運営する。