スポーツ用品のアルペンはグループ各店で販売してきたプライベートブランド(PB)の「TIGORA(ティゴラ)」のリブランディングと事業戦略を発表した。同ブランド初の直営店舗とバーチャルショップもオープン。コロナ禍でも堅調なスポーツウエア市場に対し、PBで攻勢をかける。

今回リブランディングしたアルペンのスポーツライフスタイルブランド「TIGORA」
今回リブランディングしたアルペンのスポーツライフスタイルブランド「TIGORA」

アパレル不況でも好調なスポーツウエアに注力

 アルペンは2020年9月16日、スポーツウエアのPB「TIGORA」のブランド強化に関するメディア発表会を開催した。同社がPBの商品開発に着手したのは1976年。今では「IGNIO(イグニオ)」や「kissmark(キスマーク)」をはじめ、その数は8ブランドに上る(20年9月末現在)。

 また、2016年には飛ばし屋として知られる女子ゴルフの穴井詩選手が同社のゴルフクラブ「TOBUNDA(トブンダ)」を使い、ツアー優勝を果たした。17年にもFISワールドカップモーグル競技で、同社のスキー板「Hart(ハート)」を使用する選手が表彰台を独占するなど、アルペンのPBは存在感を増しつつある。同社の水野敦之社長も「(自社のPBアイテムが)トップアスリートの世界でも第一線で戦える性能を持っていると証明した。一般的な小売業のつくるオリジナル商品という枠組みを超え、非常に高い水準にあると自負している」と胸を張る。

 そうした中でも、TIGORAはアルペンが現在最も力を入れているブランドだ。さまざまなスポーツシーンで活用できる機能性に優れたアパレルブランドとして水野社長らが06年に立ち上げ、現在までにコンプレッションインナーが累計1000万枚以上、ランニングシューズは330万足以上の販売実績があるという。

「TIGORA」のリブランド戦略や事業展開について述べたアルペンの水野敦之社長
「TIGORA」のリブランド戦略や事業展開について述べたアルペンの水野敦之社長

 近年のアルペンはアウトドアやキャンプのブームに対応すべく、18年からアウトドア用品専門店の「Alpen Outdoors(アルペンアウトドアーズ)」、登山用品専門店の「Alpen Mountains(アルペンマウンテンズ)」を展開している。特に19年4月19日には千葉県柏市に満を持して超大型店「Alpen Outdoors Flagship Store 柏店」をオープンするなど、アウトドア用品に注力していることで知られる(関連記事:デカトロンにも冷静 世界最大級の店舗で見せたアルペンの覚悟)。今回発表されたTIGORAのリブランディングも、こうした流れに沿ったものといえる。

 しかしコロナ禍の影響がいまだ色濃く、アパレル企業の不振も伝えられる中、なぜ今、衣料系PBのリブランディングに踏み切るのか。その理由はアパレル全体は不調でも、スポーツウエア市場は成長しているからだ。矢野経済研究所のデータによれば、スポーツライフスタイルウエアの市場規模は15年が1718億円だったのに対し、19年は1985億円と順調に伸びている。アルペンの売り上げも、15年から20年度にかけてスポーツウエアは42%アップ。TIGORA全体の売り上げは15年度の100億円に対し、20年度はコロナ禍の影響があるにもかかわらず、6月までの段階で約150億円と好調だ。

 こうした市場の動きについて水野社長は、「ライフスタイルの多様化でアウトドアが日常生活の一部に溶け込んでいる。国内の気候変動が激しくなり、快適に過ごすにはより機能的なものが求められるから」とみる。だが機能的と一口に言っても、製品化に落とし込むのは簡単ではない。実際、多くのアパレルメーカーは「従来製品に何かしらの機能を付加しようとやっきになっている」(水野社長)とのこと。

裏地にアルミ蓄熱素材を用い、防寒と保温に高い性能を発揮する「アルミ蓄熱フードジャケット」(7990円・税別)。撥水(はっすい)、蓄熱、制菌防臭といった機能性が付加されたスポーツウエアは日常生活も快適にしてくれる存在だ
裏地にアルミ蓄熱素材を用い、防寒と保温に高い性能を発揮する「アルミ蓄熱フードジャケット」(7990円・税別)。撥水(はっすい)、蓄熱、制菌防臭といった機能性が付加されたスポーツウエアは日常生活も快適にしてくれる存在だ

 例えば秋冬にかけて求められる「保温性」。水野社長によれば「保温性の高さを突き詰めようとすると、生地を厚くしたり保温素材の量を増やしたりすれば実現できなくはない」という。しかしスポーツウエアの場合、動くことを想定しているので暖かいだけでは機能的に不十分だ。「軽くて動きやすいという要素が加わって、はじめてスポーツウエアとしての機能性を得たといえる」(水野社長)

 ときには相反することもある複数の機能性を両立させることは決して簡単ではないが、現在売れている商品は、そうした総合的な高い性能を実現しているからこそ支持されているとアルペンでは考えている。