ソフトバンクグループ、唾液PCR検査専用施設を本格稼働

11月1日 シュウ ウエムラ×ONE PIECE、「ホリデー コレクション」を発売
シュウ ウエムラは、ホリデーコレクション「シュウ ウエムラ×ONE PIECE(ワンピース) コレクション」の第1弾として、アイシャドーやアイコンリップ「ルージュ アンリミテッド」などを数量限定発売する。第2弾として、特別仕様のフェイスカラーやアクセサリーなどを20年11月15日に数量限定で発売する。

11月17日 「サッポロ 麦とホップ ダブルビター」を数量限定発売
サッポロビールは、「サッポロ 麦とホップ ダブルビター」を数量限定発売する。苦味に特化したビターホップ(ヘラクレス・ミレニアム)2種を一部使用し、麦とホップ史上最高の苦味を引き出した。アルコール分は6%。パッケージは350ミリリットル缶と500ミリリットル缶となる。

11月25日 日本経済新聞、展示会システム「日経オンライン展示場」リリース
日本経済新聞は、20年10月にリリース予定のオンライン展示会システム「日経オンライン展示場」を主催イベントで導入する。「SDGs Week(エコプロ、社会インフラテック、気候変動・災害対策Bizなどの展示会で構成)」を皮切りに導入を開始。コロナ禍のなか、新たなビジネス情報の交流・商談の場として、出展者・来場者の双方に新たな展示会体験を提案する。

11月上旬 マンダム、「エムエーティ ピュア 除菌・消臭スプレー」を発売
マンダムは、さまざまな菌やウイルスを除去できる除菌剤「MA-T(要時生成型亜塩素酸イオン水溶液)」を配合した除菌ブランド「MA-T Pure(エムエーティ ピュア)」を新たに立ち上げる。除菌市場に本格参入する第1弾として「エムエーティ ピュア 除菌・消臭スプレー」を発売する。肌についてもかさつかず、菌やニオイを除去する。容量と価格は、170ミリリットルが1320円(税込み)、360ミリリットルが2200円(税込み)。

11月下旬 シチズン、世界初の静電気を利用した「静電誘導時計」を発売
シチズンは、世界初の静電誘導機構を搭載した「アキュトロン スペースビュー 2020」を発売する。音叉(おんさ)の構造を前面に出した初代アキュトロンのデザインを踏襲し、時計基板のグリーンカラーに、発電タービンとモーター機構を大胆に見せるデザインに仕上げた。オリジナルを踏襲し、秒針は滑らかな動きが特徴のスイープ運針を採用。精度は月にプラスマイナス5秒。価格は36万円(税別)から。

2020年秋 ソフトバンクグループ、唾液PCR検査専用施設を本格稼働
ソフトバンクグループの「新型コロナウイルス検査センター」は、国立研究開発法人 国立国際医療研究センター国府台病院(千葉県市川市)内に新設した新型コロナウイルスの唾液PCR検査を行う専用施設「東京PCR検査センター」を本格稼働する。民間の検査機関として、唾液PCR検査を希望する自治体や法人などに1回あたり2000円(税別。配送料、梱包費などを除く)の実費負担で提供する。

12月16日 カネボウ、導入美容液「DEW キャビアドットブースター」を発売
カネボウ化粧品は、スキンケアブランド「DEW(デュウ)」から、導入美容液「DEW キャビアドットブースター」(1品目1品種・ノープリントプライス)を発売する。ヒアルロン酸Naなどをキャビア状カプセルに閉じ込めた、新開発の保湿成分「ヒアロキャビア」を配合。使うたびにヒアロキャビアが弾けて、美容液とともに肌にくまなく広がり化粧水がなじみやすいうるおった肌に整えるという。

2020年冬 シャープ、「AQUOS sense」シリーズ初の5Gモデルを発売
シャープは、「AQUOS sense」シリーズ初の5Gモデルを発売する。スマートフォンAQUOS史上最大となる4570ミリアンペア時の大容量バッテリーと省エネ性能に優れた約5.8インチIGZO液晶ディスプレーを搭載。5Gの高速通信と1週間の電池持ちを両立させた。処理性能は、5G対応の高性能CPUを採用することで従来機に比べて約2.4倍とした。

【2021】
1月1日 サミット、2021年の正月三が日は全店で休業
サミットは、正月三が日を全店で休業する(ショッピングセンターへの出店店舗など一部店舗を除く)。例年より1日多く正月休みとした。21年1月3日まで。同社が正月三が日を休業するのは、1988年以来33年ぶりとなる。