米アップルは2020年9月15日(米国時間)にiPadとApple Watchの新製品を発表した。新しいiPadとApple Watchには、アップルに特別な思い入れのない人に対しても興味を刺激しそうな魅力が詰め込まれている。特にiPadは仕事の道具としても一皮むけた印象だ。

オンラインイベントのプレゼンテーションに登壇したアップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)
オンラインイベントのプレゼンテーションに登壇したアップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)

仕事に教育に、パフォーマンスを強化した標準「iPad」

 iPadの新製品は2種類。10.2インチのRetinaディスプレイを搭載するスタンダードモデルの第8世代「iPad」と、最先端のSoC(システム・オン・チップ)を搭載してオールスクリーンデザインに一新された第4世代「iPad Air」だ。いずれも最新のiPadOS 14を出荷時から搭載する。

 第8世代のiPadは2020年9月18日から販売を開始する。ストレージ容量は32GBと128GBの2種類、カラーバリエーションはシルバー/スペースグレイ/ゴールドの3色。Wi-FiモデルとCellular通信機能付きのモデルも選べるが、それぞれの価格は第7世代のiPadから据え置いた。最も安価な32GBのWi-Fiモデルは3万4800円(税別)。

10.2インチのRetinaディスプレイを搭載する第8世代のiPad
10.2インチのRetinaディスプレイを搭載する第8世代のiPad

 外観は指紋認証機能のTouch IDを備えたホームボタンを残すiPadとして、第7世代のモデルから大きく変わっていない。注目はアップル独自開発のSoCである「A12 Bionic」チップ。そしてスタンダードモデルのiPadに、初めて機械学習や画像解析など高度な処理に特化するNeural Engineを搭載したことだ。

 シリーズのスタンダードモデルに上位機の高性能なチップを載せて飛躍的なパフォーマンス向上を図る戦略は、20年春に発売された第2世代の「iPhone SE」にも採用されている(関連記事:新型iPhone SEが変える「今欲しいスマホ」の価値観)。その後、フィーチャーフォンからの乗り換えも含めて、初めてiPhoneを手にするユーザーにもiPhone SEが好評を博していることから、この戦略は一定の成果を収めていると考えられる。今回、iPadも多くのユーザーに親しまれているデザインはそのままに、この先少なくとも数年は快適に使える性能を担保したスタンダードモデルでラインアップの足場を固めてきた。

 20年は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、日本の文部科学省もGIGA(Global and Innovation Gateway for All)スクール構想を打ち立てて、その実現を目指すべくIT教育の普及に力を入れている。比較的安価に入手できるスタンダードクラスの「iPad」を在宅学習のツールとして一斉導入する学校も増えていると聞く。基本のパフォーマンスが向上した第8世代のiPadは、高度な電子教材を使ってスムーズに学べる環境を提供するタブレットとしてさらに注目を集めそうだ。

 もちろん基本性能が底上げされているのだから、ビジネスツールとしての実力も十分。お手ごろ価格なだけに、在宅勤務のサブ機として、あるいはカフェなどでのリモートワーク用として、導入のハードルはかなり下がったに違いない。

 なおこの新しいiPadも、第1世代のApple PencilとSmart Keyboardがアクセサリーとして使える。

第1世代のApple Pencilに対応
第1世代のApple Pencilに対応
Smart Keyboardもアクセサリーとして使える
Smart Keyboardもアクセサリーとして使える