東京ゲームショウ2020 オンライン(TGS2020 ONLINE)が2020年9月23~27日の5日間にわたって開催される(23日は商談のみ)。今回は初のオンライン開催だ。そこで長年TGSを取材してきたゲームライターの岡安学氏にeスポーツ関連の見どころを予想してもらった。

東京ゲームショウ2019(TGS2019)e-Sports X RED STAGEで開催された「DRAGON BOOST presents パズドラチャンピオンズカップ TOKYO GAME SHOW 2019」の決勝戦(写真/中村 宏)
東京ゲームショウ2019(TGS2019)e-Sports X RED STAGEで開催された「DRAGON BOOST presents パズドラチャンピオンズカップ TOKYO GAME SHOW 2019」の決勝戦(写真/中村 宏)

eスポーツはオンライン開催でも問題ない?

 新型コロナウイルスの感染拡大により、大型イベントが軒並み中止もしくは延期となり、東京ゲームショウも2020年はご多分に漏れず開催を見合わせた。ただ、千葉・幕張メッセでの開催はなくなったが、初のオンラインイベントとして開催される。各ゲーム会社や関連企業・団体が、ブースを出展する代わりに独自コンテンツの掲載やストリーミング配信を行い、公式チャンネルでも各社の情報を配信する予定だ。

 さて、TGSと言えばここ数年はeスポーツイベント「e-Sports X(イースポーツクロス)」が注目を浴びている。TGS2020 ONLINEもe-Sports Xを開催する予定で、こちらもオンライン対応となる。

 eスポーツはフィジカルスポーツ、音楽ライブ、演劇など、他のライブエンターテインメントに比べ、オンラインに対応しやすいと考えられている。イベントの様子を動画のライブ配信で視聴するのはこれまでと同じ条件なので、観客の有無や、演目によって違いが生じることはないだろう。舞台やコンサートでは、役者や歌手は会場に集まらなくてはならず、そこにコロナ禍での自主規制や制限が入らざるを得ない。しかしeスポーツの場合、選手もオンラインによってリモートで参加できるため、他のライブエンターテインメントにない利点があると言える。

 ただ、eスポーツが「オンラインでもオフラインと同様のことが可能か?」と問われると、それはまた違った話だ。今回、e-Sports Xで開催予定の大会は、「ストリートファイターリーグ:Pro-JP 2020 第1節 開幕戦」「パズドラチャンピオンズカップ TGS2020 ONLINE」「Red Bull Untapped Japan Qualifier by マジック:ザ・ギャザリング アリーナ」の3つ。いずれもプロ選手や予選を勝ち上がったファイナリスト数人など、少数の参加となっている。

 19年までのe-Sports Xは、『ストリートファイターV アーケードエディション』や『DEAD OR ALIVE 6』などは、誰でも参加できるオープントーナメントだった。中でも『ストリートファイターV アーケードエディション』は参加者が1000人を超えた。初心者や中級者も参加できるイベントとして、存在価値が大きかったわけだ。

 オンラインでも同規模の大会ができるかもしれないが、運営側や参加者側にとって、かなり厳しい状態になると思われる。

 例えばオフラインの場合、参加番号に照らし合わせて自分が対戦するテーブルに待機していれば、係員の呼び出しで試合に参加できる。その対戦結果も係員が記録してくれる。しかしオンラインの場合、Discordなどのチャットを使ったやり取りや、大会管理ツールとして使われるSmash.ggのトーナメント表から自分の対戦相手を探し、自ら対戦者とマッチングしなければならない。勝敗結果も口頭で係員に伝えるだけだったものが、Smash.ggの勝敗結果を参加者自ら書き込む必要がある。つまりオフラインでは参加者は当日会場に訪れ、係員の指示で試合をこなすだけだったものが、オンラインになると様々な準備や操作を参加者が自ら行わなくてはならないのだ。