NTTグループでeスポーツ関連事業を手掛けるNTTe-Sports(東京・新宿)は、東京・秋葉原に、最先端のICTや機材を備えたeスポーツ交流施設「eXeField Akiba(エグゼフィールド アキバ)」を開設した。eスポーツを含む各種イベントの配信拠点として、配信機材を体験するショールームとして活用する。

秋葉原UDXの4階、「LIFORK AKIHABARA」内にあるeスポーツ交流施設「eXeField Akiba」
秋葉原UDXの4階、「LIFORK AKIHABARA」内にあるeスポーツ交流施設「eXeField Akiba」

 eXeField AkibaがあるのはJR秋葉原駅前のビル「秋葉原UDX」の4階。シェアオフィス/レンタルスペースの「LIFORK AKIHABARA」の一角に2020年8月11日にオープンした。最新のICT技術を備えたスペースで、eスポーツ大会や各種イベントの開催、配信のほか、実証実験や新製品の展示・販売といったビジネス用途も想定している。

eスポーツ施設の見本として提案

 eXeField Akibaを開設した目的について、NTTe-Sportsの影澤潤一副社長は、「地方でeスポーツ施設をつくりたい、eスポーツイベントを開催したいと思っても、何から始めてよいのか分からないのが現状だ。当社でも相談を受けることが多々ある。そうした人たちに、eスポーツ施設の見本として体験してもらいたいと考えた」と話す。

 そのため、同施設では、通常、バックヤードに収まっているような配信用の設備やサーバーなどもあえて表に設置。イベントをただ配信するだけでなく、eスポーツ施設にはどういったものが必要で、どのように使っているのかを実際に見て、体験できるようにしている。「コロナ禍で秋葉原まで来られない地方の人は、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)でリモートから内覧できる」(影澤氏)という。

 施設で見られる製品の一部は、アマゾン内に開設したeXeField Akibaの特設サイトで購入できるようにもなっている。

NTTe-Sportsの影澤潤一社長
NTTe-Sportsの影澤潤一社長
通常は表に出ないサーバーなども会場内に設置してあった
通常は表に出ないサーバーなども会場内に設置してあった

 加えて、eXeField Akibaを同社が取り組むサポート・教育事業やイベントソリューション事業、プラットフォーム事業などの拠点としても活用する。

 その1つが同社が施設オープンと同時に開始したオンライン学習・交流サービス「ユニキャン」だ。これは、ゲームを活用した少人数制オンライン指導や会員同士のコミュニティー企画、各種セミナーなどを通じ、課題解決能力やコミュニケーション能力の育成、キャリア学習などを支援するもの。大人、子供それぞれに向けたレッスンを用意する。

VR空間のeXeField Akiba。ライティングの演出などの確認もできる。また、ビル内では行えないスモークなど、VRならではの演出もできる
VR空間のeXeField Akiba。ライティングの演出などの確認もできる。また、ビル内では行えないスモークなど、VRならではの演出もできる