カフェエリアにあるラテアートマシンでは、スマホで撮影した自分の顔写真やチームロゴなどを使ったラテアートができる

NTTe-Sportsが秋葉原に施設オープン 配信機材体験の場に

2020年08月31日
  • 秋葉原UDXの4階、「LIFORK AKIHABARA」内にあるeスポーツ交流施設「eXeField Akiba」
  • NTTe-Sportsの影澤潤一社長
  • 通常は表に出ないサーバーなども会場内に設置してあった
  • VR空間のeXeField Akiba。ライティングの演出などの確認もできる。また、ビル内では行えないスモークなど、VRならではの演出もできる
  • 16:9基本画面に加え左右に選手の顔やCLIP-LIVEも同時に表示できるワイドスクリーン。高精細なので、ビジネスセミナーなどでは細かい文字をくっきり表示するのにも適している
  • 配信用の機材が会場内にずらっと並んでいる「配信エリア」。機材を見学したり、配信のノウハウを体験したりできる
  • 「ICTエリア」には、最先端のICT技術が並ぶ
  • カフェエリアにあるラテアートマシンでは、スマホで撮影した自分の顔写真やチームロゴなどを使ったラテアートができる