バトルロイヤルゲーム『FORTNITE(フォートナイト)』は2020年8月7日、同タイトル内でシンガー・ソングライターの米津玄師のバーチャルイベントを開催した。Zoom飲みや『あつまれ どうぶつの森』での結婚式や会社説明会など、人々の社交場としてオンライン空間に注目が集まる中、音楽イベントの新しい形として定着するか。実際に参加してみた。

米津玄師がバトルロイヤルゲーム『FORTNITE(フォートナイト)』内でバーチャルイベントを開催 © 2020, Epic Games, Inc
米津玄師がバトルロイヤルゲーム『FORTNITE(フォートナイト)』内でバーチャルイベントを開催 © 2020, Epic Games, Inc

 新型コロナウイルス感染症流行の影響でライブやイベントの中止が続く中、配信サービスを利用したオンラインイベントが増えている。2020年6月にサザンオールスターズが開催した大規模な無観客ライブはまだ記憶に新しい。3600円のチケットを18万人が購入し、推定視聴者数は50万人ともいわれる。普段は見ることのできない位置からのカメラワークや、ダンサーたちが客席に入り込んで踊るパフォーマンスなど、無観客ならではの演出で盛り上げた。

 20年8月7日に米津玄師が開催したバーチャルイベントもその1つ。ただ、バトルロイヤルゲーム『FORTNITE(フォートナイト)』内に配信の場を設けたのがユニークな点だ。

 フォートナイトはユーザー登録者数が全世界で3億5000万人を突破した米エピックゲームズ(以下、エピック)の人気タイトルで、とりわけ10代を中心とした若年層からの支持が厚い。

ダウンロードや基本プレーが無料のゲーム『フォートナイト』。PlayStation4、Nintendo Switchなど、複数のプラットフォームに対応している © 2020, Epic Games, Inc
ダウンロードや基本プレーが無料のゲーム『フォートナイト』。PlayStation4、Nintendo Switchなど、複数のプラットフォームに対応している © 2020, Epic Games, Inc

 フォートナイトには最後の1人になるまで生き残りをかけて戦う「バトルロイヤル」モードの他、戦闘要素のない「パーティーロイヤル」モードがある。ここは仲間と自由に遊んで過ごす場で、ゲーム内に設けられた特設ステージではDJライブや映画の上映会などのイベントも開催される。

 パーティーロイヤルが実装されたのは20年5月だが、フォートナイトはそれ以前から様々なアーティストとコラボイベントを実施してきた。20年4月に行われたラッパーのトラヴィス・スコットのバーチャルイベントでは、同時接続数1230万人という驚異的な記録も打ち立てた。

 こうした限定イベントは、プレーヤーにとってゲーム仲間と一緒に盛り上がれる絶好のチャンス。フォートナイトはダウンロードや基本プレーが無料のため、PlayStation 4やNintendo Switchといった家庭用ゲーム機、PC、スマートフォンなどを持っていれば、日ごろ、フォートナイトをプレーしない人やアーティストのコアなファンでなくとも気軽に楽しめる。今回、パーティーロイヤルでのイベントを日本人アーティストとして初めて実現したのが米津玄師というわけだ。