ポストタピオカティーの最有力候補と目されるフルーツティーの人気ブランドが続々と日本上陸を果たしている。中でも中国の若者から圧倒的な支持を得ているのが、中国・深圳(セン)発のティードリンクブランド「奈雪(なゆき)の茶」。大阪・道頓堀に日本1号店を開業し、早くも人気を集めている。

ラオックス道頓堀店の1階にオープンした「奈雪の茶 道頓堀店」。「奈雪の茶」は、趙林(ザオ・リン)、彭心(ペン・シン)夫婦が創設。「奈雪」という言葉は妻のペン・シンがSNSなどのハンドルネームに使用していたもので、自信を持って届けるブランドでありたいという思いから名付けられた
ラオックス道頓堀店の1階にオープンした「奈雪の茶 道頓堀店」。「奈雪の茶」は、趙林(ザオ・リン)、彭心(ペン・シン)夫婦が創設。「奈雪」という言葉は妻のペン・シンがSNSなどのハンドルネームに使用していたもので、自信を持って届けるブランドでありたいという思いから名付けられた

お茶文化を若者世代に広める

 インバウンドの急増で活況を呈した大阪ミナミの道頓堀が、コロナ禍に見舞われて約5カ月。街からにぎわいがなくなり、人影もまばらになった目抜き通りに2020年7月4日、「奈雪の茶」の日本1号店がオープンした。20年6月18日には総合免税店「ラオックス道頓堀店」がオープンし、奈雪の茶はその1階に入居。同ビルは以前、ファストファッションブランドとして人気を博した「フォーエバー21」が入居していたビルで、道頓堀の中でも超一等地だ。

高品質な茶葉から作られた無添加のドリンクとスイーツ感覚のソフトブレッドを通して、お茶文化の新しいライフスタイルを提案する
高品質な茶葉から作られた無添加のドリンクとスイーツ感覚のソフトブレッドを通して、お茶文化の新しいライフスタイルを提案する

 店舗はガラス張りで、明るく、ぬくもりのある空間。ガラスウインドーには若い女性に受けそうな、カラフルな癒やし系キャラクターが描かれている。SNSでは流行に敏感な女性客の投稿が集客につながり、オープン初日は約600人が来店。以降、週末はテークアウトを中心に行列ができるほどの人気ぶりだ。

 奈雪の茶は中国深圳発のティードリンクブランド。高品質な茶葉と季節のフルーツを掛け合わせたフルーツティーという新たなジャンルを開拓し、伝統的な中国茶のマーケットに風穴を開けた。

インバウンドでにぎわっていた大阪・道頓堀のメインストリート。新型コロナウイルスの世界的広がりにより、街の光景が一変した
インバウンドでにぎわっていた大阪・道頓堀のメインストリート。新型コロナウイルスの世界的広がりにより、街の光景が一変した

 一番の特徴は茶葉へのこだわりだ。創業時に作り上げた自家茶園では、商品開発チームやお茶職人が世界中の茶園に足を運んで厳選した無添加、無香料の茶葉を栽培。オリジナルの茶葉は8時間の水出しが可能で、18年には台湾の茶葉コンテストで入賞した。

 高品質なお茶のうまみと深みを若い世代にも味わってもらうため、無添加の新鮮な果実と掛け合わせたフルーツティーを開発。季節のフルーツを使い、年間を通じて多彩なラインアップを展開している。道頓堀店ではいちごのショートケーキから着想を得た「いちごチーズティー」(アイス880円、ホット850円、どちらも税別、以下同)や、オレンジ2個分の果汁が入った「奈雪オレンジジャスミン」(アイス750円、ホット720円)、カクテルのように仕上げた「スパークリンググレープフルーツローズマリー」(680円)など、ジャスミン茶ベースのあと口が爽やかなフルーツティーをそろえた。

写真左はジャスミングリーンティーにフレッシュないちごをブレンドし、ソルティーなクリームチーズフォームをたっぷりトッピングした「いちごチーズティー」(アイス880円、ホット850円)。右は香り高いジャスミンティーにフレッシュなオレンジジュースとスライスしたオレンジの果実がたっぷりと入ったフルーツティー「奈雪オレンジジャスミン」(アイス750円、ホット720円)
写真左はジャスミングリーンティーにフレッシュないちごをブレンドし、ソルティーなクリームチーズフォームをたっぷりトッピングした「いちごチーズティー」(アイス880円、ホット850円)。右は香り高いジャスミンティーにフレッシュなオレンジジュースとスライスしたオレンジの果実がたっぷりと入ったフルーツティー「奈雪オレンジジャスミン」(アイス750円、ホット720円)
(左)お茶をカクテルのように仕上げた新感覚ドリンク「スパークリンググレープフルーツローズマリー」(680円)、(右)お茶本来のまろやかで優しい甘みが口の中に広がる無糖のコールドブリュー「奈雪初露」(450円)
(左)お茶をカクテルのように仕上げた新感覚ドリンク「スパークリンググレープフルーツローズマリー」(680円)、(右)お茶本来のまろやかで優しい甘みが口の中に広がる無糖のコールドブリュー「奈雪初露」(450円)

 「中国も日本も、お茶を飲む文化が廃れつつある。奈雪の茶がメインターゲットとしているのは20~40歳の女性。お茶文化の継承と新たなライフスタイルを提案し、お茶の魅力を発信していきたい」と、運営を手掛ける中国の品道(ピンダウ)日本法人の黄華文副社長は話す。

 ブランドコンセプトは「一杯のお茶と一口のパンの幸せな出会い」。ティードリンクと好相性のスイーツとして、低脂肪、低糖にこだわったヘルシーなパンも主力商品として提供する。人工添加物を一切使用せず、独自製法で高加水パンに仕上げたパンは、小麦の風味があり、柔らかくもちもちした食感が特徴だ。ドリンク、パンともにインスタ映えを意識したビジュアルとヘルシー志向で、日本でもミレニアル世代の獲得を狙っている。

一番人気のベーカリー「魔法棒イチゴ」(S:380円、L:700円)。ふんわりとしたパンに北海道産の生クリームとフレッシュないちごをのせた一品。パンの外側はサクサクした食感
一番人気のベーカリー「魔法棒イチゴ」(S:380円、L:700円)。ふんわりとしたパンに北海道産の生クリームとフレッシュないちごをのせた一品。パンの外側はサクサクした食感