ゲーミングデバイス、特にヘッドセットなどの音響製品に注力する新ブランド「EPOS(イーポス)」が2020年7月に誕生した。EPOSはもともと音響機器ブランドとして知られる「ゼンハイザー」のゲーミングデバイス事業。ドイツのゼンハイザーエレクトロニクスとデンマークのウィリアム・デマント・ホールディングの合弁会社ゼンハイザーコミュニケーションズとしてビジネスを展開してきたが、このたび独立し、新たな名前でスタートした。ゼンハイザーという世界的ブランドを捨てるに至った背景をマーケティング責任者らに取材した。

2020年7月に立ち上がったゲーミングデバイスの新ブランド「EPOS」
2020年7月に立ち上がったゲーミングデバイスの新ブランド「EPOS」

 eスポーツやゲーム実況、動画配信などをきっかけに、PCや家庭用ゲーム機周辺で利用するオーディオ機器の需要が高まっている。

 ヘッドホンとマイクが一体となったヘッドセットもその1つ。特にeスポーツにおいて「音」はゲームの状況を把握したり、チームメートと連携したりするのに重要な役割を果たす。クリアで音像定位のはっきりしたヘッドホンはゲームへの没入感と集中力を高め、明瞭でノイズのない音声を伝えるマイクは仲間との快適なコミュニケーションに不可欠だ。よりよい結果を求めるコアなゲーマーにとって、良質なヘッドセットは必須のアイテムなのだ。

 2000円程度から買えるゲーミング用のヘッドセットも多い中、需要が伸びているのが数万円もするハイエンド製品だ。これにはeスポーツ選手やストリーマー(動画配信者)たちの活躍も大きく影響している。著名プレーヤーが選ぶこだわりの製品がファンに注目され、市場をけん引するからだ。

 こうしたハイエンド市場で高い評価を得てきたブランドの1つに、「ゼンハイザー」がある。コンシューマー向けのヘッドホンやマイクに加え、録音スタジオやライブ会場、映画制作などで用いられるようなプロ用機器も数多く手掛けている。

 そのゼンハイザーからゲーミング事業を引き継ぐのが、20年7月に立ち上がった新会社EPOSだ。これまでゼンハイザーコミュニケーションズとして展開してきたゲーミングデバイスなどの事業が独立。新ブランドとしてのスタートを切った。

EPOS設立前からある製品は今後、「EPOS | SENNHEISER」というダブルブランドで展開する。写真はフラッグシップモデルの「GSP 600」2万8800円(税込み)
EPOS設立前からある製品は今後、「EPOS | SENNHEISER」というダブルブランドで展開する。写真はフラッグシップモデルの「GSP 600」2万8800円(税込み)