ポケモン(東京・港)は2020年8月12~31日、バーチャル遊園地「ポケモンバーチャルフェスト」を開催する。VR(仮想現実)空間上にアトラクションやイベント、ショップなどを再現した大掛かりなもので、スマートフォンアプリで体験できる。

バーチャル遊園地「ポケモンバーチャルフェスト」
バーチャル遊園地「ポケモンバーチャルフェスト」

 withコロナ時代になり、イベントなどのエンターテインメントビジネスは大きな変化を迫られている。リアル空間に大勢の人が集まることが制限され、イベント開催そのものが難しくなったからだ。そんな中、多くの企業が注目しているのが、バーチャル空間でのイベント開催である。

 ゲーム産業も動きだした。「ポケットモンスター」の商品企画などを手掛けるポケモンは2020年8月12~31日、バーチャル遊園地「ポケモンバーチャルフェスト」を開催している。

 これはスマートフォンなどを使って「ポケットモンスター」の世界を楽しむオンラインのイベント空間だ。「ポケモン」シリーズの世界観をイメージした多様なアトラクションやイベント、ショップ、ショーなどを用意。ネットを介して大勢が集い、一緒に盛り上がれる空間になっている。

バーチャル遊園地「ポケモンバーチャルフェスト」のエントランス。他のユーザーとの待ち合わせなどに適した場所だ
バーチャル遊園地「ポケモンバーチャルフェスト」のエントランス。他のユーザーとの待ち合わせなどに適した場所だ
参加者はこれらのアバターを操作して、バーチャル空間内の遊園地を散策する
参加者はこれらのアバターを操作して、バーチャル空間内の遊園地を散策する

 ポケモンは、この遊園地をクラスター(東京・品川)が運営するバーチャルSNS「cluster」内に構築した。clusterは、バーチャルユーチューバー(VTuber)・輝夜月(カグヤルナ)のバーチャルライブ「輝夜 月 LIVE@Zepp VR」や、CyberZ(東京・渋谷)が運営する国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」のVR版となる「V-RAGE」、渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」などにも活用されたバーチャルイベントのプラットフォーム。参加者はスマホやPC、VRデバイスなどを使ってclusterにログインし、アバターを操作して仮想区間を移動、互いに交流することができる。

ポケモン尽くしの巨大テーマパーク

 遊園地内は大きく4つのエリアに分かれている。そのうちの1つ、アトラクションエリアには、モンスターボール型の「ポケモンキョダイ観覧車」、パーク内をぐるりと1周する「ガラルマタドガスのわくわくトレイン」など、様々なアトラクションが用意されている。

 ストアエリアは、いわゆるグッズコーナー。ここには土産物店やアイスクリーム店などの店舗が立ち並んでいる。ここで入手した商品はパーク内で持ち歩くことが可能だ。「インテレオンの射的屋さん」「ダグトリオの輪投げ屋さん」など、簡単なミニゲームを楽しめる場も用意されている。

 のんびりと過ごすなら、ビーチエリアも楽しい。みんなで海上アスレチックで遊んだり、浜辺で写真を撮ったりすることができる。友達と一緒に思い出づくりを楽しむための場所だ。

 遊園地の中央には、イベント開催用のイベントステージもある。ここでは『ポケットモンスター ソード・シールド』のポケモンバトルのパブリックビューイングなどを開催する。ラスト3日となる8月29~31日には、ピカチュウのダンスショーや打ち上げ花火大会なども開催予定だ。

 こうしたテーマパークの他に、「リアル脱出ゲーム」を手掛けるSCRAP(東京・渋谷)が製作した「ミッション」と呼ばれるコーナーもある。これは参加者同士が力を合わせて謎を解く、バーチャル空間での脱出ゲーム。チャット機能などを使って互いに会話しながら、様々な謎を解いていく。迷路を通り抜けながら謎を解く「迷宮ミッション」、文字を集めて答えを探す「ワードパズルミッション」、暗号を解いて正解を導き出す「謎解きミッション」が用意されている。

テーマパーク内のアトラクションエリア。正面に見えるのが「ポケモンキョダイ観覧車」
テーマパーク内のアトラクションエリア。正面に見えるのが「ポケモンキョダイ観覧車」
ストアエリア。さまざまな買い物やミニゲームが楽しめる場所だ
ストアエリア。さまざまな買い物やミニゲームが楽しめる場所だ
ビーチエリア。カフェテラスでのんびり過ごすのもいい
ビーチエリア。カフェテラスでのんびり過ごすのもいい