スポーツメーカーのデサントは、シャープが開発した蓄冷材を使用したフェースガードなど、スポーツシーンだけでなく日常生活の暑さ対策にも使える商品に力を入れている。コロナ禍での飛沫対策やテレワークの波にはまり、売れ行きは好調だ。

デサントがシャープ、ウィンゲートの2社と共同開発したグローブとフェースガード。適温の12度で冷やすことで、体の中心部の温度である深部体温の上昇を抑制する
デサントがシャープ、ウィンゲートの2社と共同開発したグローブとフェースガード。適温の12度で冷やすことで、体の中心部の温度である深部体温の上昇を抑制する

 2020年は新型コロナウイルス感染症予防のため、真夏日であっても外出時のマスク着用が必須になる。マスクで口と鼻を覆うと呼気がこもり、暑さを余計に感じやすい。例年以上に暑さ対策が不可欠になるだろう。

 そうした中、デサントがアスリート向けの技術を応用した暑熱対策商品を販売。スポーツメーカーが手がける機能性アイテムとあって消費者の期待値も高く、よく売れているという。

手のひらを冷やして体温上昇を抑える

 2020年6月に発売した「CORE COOLER(コアクーラー)」は、「適温で冷やす」という新しい切り口の商品。冷たすぎないマイルドな冷却温度(12度)で手のひらを冷やすことで血液の温度を下げ、体温の上昇を効率よく抑える。氷や保冷材では難しい12度という適温を持続させるために、シャープが開発した特殊な蓄冷材を使用している。

蓄冷材をグローブ型のアタッチメントで手のひらに固定する「デサント CORE COOLER」3960円(税込み)。ブルー、レッド、ブラック、グレー(ロフト限定)の4色展開
蓄冷材をグローブ型のアタッチメントで手のひらに固定する「デサント CORE COOLER」3960円(税込み)。ブルー、レッド、ブラック、グレー(ロフト限定)の4色展開

 夏場の体温調節といえば首や脇の下を冷やすイメージがあるが、近年の研究によると、腕や脚など頭部から離れた部位のほうが熱を効率よく外に逃がすことが分かっているという。中でも手のひらには体温を調整するAVA(動静脈吻合)血管という特殊な血管がある。このAVA血管を通る血液を冷やすことで、冷えた血液が体内をめぐり、体の中心部の体温が下がる仕組みだ。

 もともとは夏場のランナーをサポートするために開発された商品。そのため、アタッチメント部分はランニングでの使用を想定して作られている。生地は蒸れにくいメッシュ素材。腕時計の装着や給水時の動作がスムーズに行えるよう、指と手首にアタッチメントがかからないデザインになっている。実際にマラソンや競歩の選考レースで選手9人が試作品を着用したところ、多くの選手が好成績を残したという。

 こうした効果検証を経て、4月にクラウドファンディングサービス「Makuake」でプロジェクトを開始。わずか数時間で目標金額を達成した。最終的な購入総額は目標の20倍以上。6月の一般販売では、公式オンラインストアなど一部の流通で完売した。スポーツシーンだけでなく、通勤・通学での利用や、就寝時の暑さ対策など、幅広い目的で使えることがヒットにつながった。

 使い方としては、運動中はもちろん、運動前に深部体温を下げるプレクーリング(事前冷却)が効果的だという。AVA血管は手のひらだけでなく、足の裏や頬にも通っている。また、就寝前に足の裏に着用すると、ほどよく体温が下がり眠りやすいそうだ。

冷却効果は周囲温度35度の環境下で約20分持続。蓄冷材は冷蔵庫などで冷やして繰り返し使用できる
冷却効果は周囲温度35度の環境下で約20分持続。蓄冷材は冷蔵庫などで冷やして繰り返し使用できる