新型コロナウイルスの流行下、活動自粛中のスポーツ界で注目されたのがeスポーツだ。富山県では県内チームで活躍するサッカーや野球、バスケットボールなどの選手が競技を超えてeスポーツの大会に参加。全員にとって畑違いの『ぷよぷよeスポーツ』で腕を競った。この不思議な大会の狙いとは?

富山県で開催したeスポーツ大会「eスポーツ富山 スペシャルマッチ特別企画~STAY at HOME推進企画イベント~」では県内のフィジカルスポーツの選手たちが『ぷよぷよeスポーツ』で競い合った
富山県で開催したeスポーツ大会「eスポーツ富山 スペシャルマッチ特別企画~STAY at HOME推進企画イベント~」では県内のフィジカルスポーツの選手たちが『ぷよぷよeスポーツ』で競い合った

 新型コロナウイルスの感染拡大で、国内のプロ野球やJリーグを含め、世界中で様々なプロスポーツが開催を見送る状況に追い込まれた。20年7月から、いずれの競技も徐々に再開に動き出している。

 リアルスポーツの休止期間中、注目を浴びていたのがeスポーツだった。選手同士がその場に居合わせずとも、ネットを介して競技ができるeスポーツの特性は、「ステイ・ホーム」に最適。バスケットボールやテニスといった球技、モータースポーツなどで、実際に競技ができないことの代替として、eスポーツ大会が開催される流れが生まれた。

 2020年4月にテニスゲーム『マリオテニス エース』を使ったチャリティー大会「ステイ・アットホーム・スラム」が開催され、錦織圭や大坂なおみらが参加したことや、八村塁らNBAの選手がバスケットボールゲーム『NBA 2K20』を使ったトーナメント戦「NBA 2K プレイヤーズ トーナメント」に参加したことは日本でも話題を集めた。

ゲームで闘う異種試合

 こうしたeスポーツ大会と一線を画すユニークな試みが、ゴールデンウイーク中の20年5月2、5、9日と3日間にわたって行われた「eスポーツ富山 スペシャルマッチ特別企画~STAY at HOME推進企画イベント~」(以下、eスポーツ富山 スペシャルマッチ)だ。選手が自宅からネット経由で対戦し、それを動画配信サイトで配信するまでは他の大会と同じだが、eスポーツ富山 スペシャルマッチならではの点が2つある。

 1つは、参加選手が普段プレーしている競技がバラバラなこと。出場した選手は以下の通りだ。

  • 花井聖選手 :カターレ富山(サッカー、J3所属)
  • 宇都直輝選手:富山グラウジーズ(バスケットボール、Bリーグ所属)
  • 牧野圭佑選手:富山サンダーバーズ(野球、ルートインBCリーグ所属)
  • 飯塚美沙希選手:アランマーレ(ハンドボール、日本ハンドボールリーグ所属)
  • 山下学選手 :小矢部レッドオックス(ホッケー、ホッケー日本リーグ所属)

 富山県下で活動する上記5団体のフィジカルスポーツチームが参加し、ゴールデンウイーク中の5月2日、5日、9日と3日にわたって行われた。

 もう1つは、競技タイトルが俗に「落ちもの」と呼ばれるアクションパズルゲームの名作『ぷよぷよ』だったこと。前述の大会が中止となった競技をベースにしたその競技の選手たちが出場するものだったのに対し、こちらはどの選手にとっても畑違いだ。

 eスポーツ富山 スペシャルマッチの仕掛け人である富山県eスポーツ連合の堺谷陽平会長は、「新型コロナで試合が中止になると、県内のチームはどうしても露出が減ってしまう。競技横断のeスポーツ大会がチームを盛り上げることにつながれば」と開催の目的を語る。