Instagramが注目の新機能「Reels(リール)」をリリースした。最大15秒の短尺動画を投稿できる機能で、競合はもちろんTikTokだ。リールを開始した狙いやTikTokとの違いについてInstagramプロダクト部門の責任者、ヴィシャル・シャー氏に話を聞いた。

Instagramの新機能「リール」の画面
Instagramの新機能「リール」の画面

Instagramにあることが最大の強み

 Instagram(インスタグラム)は2010年10月にサービスを開始し、16年8月に24時間で消える「ストーリーズ」、18年6月には長尺動画「IGTV」と、ユーザーが表現したいコンテンツに対応する機能を提供してきた。そして20年8月5日(米国時間)、短尺動画を投稿するための新機能「リール」がリリースされた。

 リールは音楽やAR(拡張現実)カメラエフェクトを施した、最大15秒の短尺動画を作成、シェアできる機能だ。ダンスや歌、パフォーマンスなどをInstagramのクリエイティブツールで編集し、公開できる。公開先は発見タブに新設されるリール専用のスペースとフィード(通常の投稿)、プロフィールのリールタブだ。19年11月にブラジルでテストを開始し、20年5月にブラジルに加えて、フランス、ドイツ、インドでテストを行った。そして今回、日本、米国を含むグローバルでの提供を開始した。

発見タブのリール専用スペースはかなりの大きさ
発見タブのリール専用スペースはかなりの大きさ
リールはフィードにも表示される(左下にリールアイコン)
リールはフィードにも表示される(左下にリールアイコン)
プロフィール画面にリールタブが登場する
プロフィール画面にリールタブが登場する

 音楽付きでエフェクトが利用できる短尺動画といえば、中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)が提供する「TikTok(ティックトック)」が思い浮かぶだろう。現在、米国での事業展開が危ぶまれており注目を浴びているTikTokだが、Instagramはどの程度TikTokを意識しているのか。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>