ニューバランスジャパン(東京・千代田)が新たなコンセプトショップ「T-HOUSE New Balance(ティーハウス ニューバランス)」を2020年7月17日にオープンした。世界的なフットウエアブランドが同店に投影したイメージは茶室。ここを起点にどんな展開を考えているのか。

T-HOUSE New Balance店内。内装には埼玉県川越市の蔵で使われていた建材を使用
T-HOUSE New Balance店内。内装には埼玉県川越市の蔵で使われていた建材を使用

外観からはニューバランスの店とは分からない

 T-HOUSE New Balanceが開店したのは東京・日本橋浜町。「ニューバランス」のロゴも屋号も見当たらない、白壁が異彩を放つ外観は蔵をイメージしている。内部はそれほど広くはないが、吹き抜けやガラス張りの壁面からの採光もあり、圧迫感はない。2階建てで1階が店舗、2階がニューバランスの「TOKYO DESIGN STUDIO(東京デザインスタジオ)」となっている。同スタジオのブランド「TOKYO DESIGN STUDIO New Balance」として発売される製品は、今後はここで企画・デザインされるという。

 1階の店舗ではTOKYO DESIGN STUDIO New Balance製品と、この店舗でしか買えないコラボ商品が置かれている。トータルのアイテム数は決して多くはない。それがT-HOUSE New Balanceがコンセプトショップであることを雄弁に物語っている。

 建物の意匠監修と内装設計を担当したのはスキーマ建築計画(東京・渋谷)の長坂常氏。プロジェクト開始当初、新たな建物の中に古い蔵を移築するというコンセプトに同氏は「博物館での古民家展示のような、張りぼて状態になる」と懸念を抱いていた。古い蔵の骨組みを新築の建物で覆う計画を立てたが、それでも「やや落ち着かない感じ」が残る。そこで移築した骨組みにハンガーラックなどの機能を持たせることで、「張りぼて」でなくなるようにデザインしたという。

蔵をイメージした「T-HOUSE New Balance」。外側からはニューバランスの店舗とは全く分からない
蔵をイメージした「T-HOUSE New Balance」。外側からはニューバランスの店舗とは全く分からない
吹き抜けと2階部分まで続くガラス窓があるため、建物の大きさの割に圧迫感はない
吹き抜けと2階部分まで続くガラス窓があるため、建物の大きさの割に圧迫感はない

 あえてこの立地を選んだことについて、広報を担当するデイリープレスの竹形尚子氏は「当初から日本橋浜町に建てることが決まっていたわけではない。ただ、ものづくりの伝統や文化が歴史の中で培われてきた“東京の東側”に作ろうということだけは決まっていた」と説明する。

 その条件に当てはまる物件を見つけたのがこの場所だった。人の流れの多い中心地ではなく、わざわざ足を運んでもらう場所である点にも意味がある。ニューバランスを支持するファン層を狙いたいのだ。

 「通りがかりにふらりと訪れるのではなく、ここだけを目的として足を運んでくださるような、コアユーザーとの接点となる場を目指している。ニューバランスを熱心に応援する方々をおもてなしする“茶室”のような場所にしたい」(竹形氏)

築122年という蔵から移築された骨組みに横木を取り付け、ハンガーラックとしての役割を持たせた。骨組みが什器(じゅうき)の一部を担っている
築122年という蔵から移築された骨組みに横木を取り付け、ハンガーラックとしての役割を持たせた。骨組みが什器(じゅうき)の一部を担っている