フェイスブック ジャパンの元代表、長谷川晋氏が立ち上げたスタートアップ・MOON-X(東京・目黒)が新たな事業を始めた。第1弾のクラフトビールに続く商品は化粧品。しかも20年9月にはユーザーに化粧品と合わせて花を届けるサービスを開始する。狙いは新たなライフスタイルの提案とその習慣化だ。

 MOON-Xは同社CEOの長谷川晋氏がフェイスブック ジャパンを退社し、2019年8月に設立したスタートアップ。20年2月には第1弾の事業として、クラフトビールブランド「CRAFT X」を始動した。「常陸野ネストビール」など人気のクラフトビールブランドとの協業やサブスクリプションモデルでの販売などが話題を集めた。

MOON-Xの長谷川晋CEO(左)と「Bloomee LIFE」を運営するCrunch Styleの武井亮太CEO(右)
MOON-Xの長谷川晋CEO(左)と「Bloomee LIFE」を運営するCrunch Styleの武井亮太CEO(右)

 そのMOON-Xが第2弾の事業として選んだのが、ビールとは畑違いのスキンケア用化粧品だ。「日本のものづくりとテクノロジーを融合させたブランド群を育て、世界に発信するのがMOON-Xの姿勢。それに合えば、商品のカテゴリーにはこだわらない。ビールの次に化粧品を選んだのは、そこに消費者ニーズと、高品質な商品を作るために必要な原材料、技術との出会いがあったからだ」と長谷川氏は説明する。20年3月にはEC専門の化粧品ブランドとして女性向けの「BITOKA」と男性向けの「SKIN X」を立ち上げ、それぞれに商品を展開してきた。

MOON-Xが2020年9月に発売する「BITOKA」の新商品「BITOKA クリスタルクリーム」30g、単品価格8800円(税別)。シャクヤクの花エキスとマンダリンオレンジの果皮エキスを使用した
MOON-Xが2020年9月に発売する「BITOKA」の新商品「BITOKA クリスタルクリーム」30g、単品価格8800円(税別)。シャクヤクの花エキスとマンダリンオレンジの果皮エキスを使用した

 さらに今回、BITOKAに新たなサービス「Beauty Bloomeeセット」を追加する。BITOKAの定期購入プランを申し込んでいる会員に対し、3カ月に1回、化粧品と合わせて花も届けるというもの。花の定期便サービス「Bloomee LIFE」を手がけるCrunch Style(東京・渋谷)とパートナーシップを結び、20年9月の到着分から花を届ける予定だ。

 花を提供するBloomee LIFEは全国150以上の生花店と協業し、毎週または隔週で利用者宅にフラワーアレンジメントを届けるサービスだ。現在の利用者は3万世帯以上。料金は1回500円(税・送料別)から、花はポスト投函(とうかん)で受け取れるという手軽さが受け、利用者を伸ばしてきた。「利用者の8割以上はそれまで花を買う習慣がなかった人」だとCrunch Styleの武井亮太CEOは言う。MOON-Xと展開するBeauty Bloomeeセットでは、BITOKAの会員が申し込んでいる定期購入のコースによって、同社の500円または800円(いずれも税別)のプラン相当の花を送り届ける。

「Bloomee LIFE」は全国の生花店でプロがアレンジしたフラワーアレンジメントが定期的に届くサービス
「Bloomee LIFE」は全国の生花店でプロがアレンジしたフラワーアレンジメントが定期的に届くサービス