位置情報データをAIで解析して企業のマーケティングを支援するクロスロケーションズ(東京・渋谷)は、位置情報分析技術により、テークアウトやデリバリーを行う店舗のチラシ配布効率化に取り組んでいる。潜在的な顧客への告知や新たな商圏の開拓につながるサービスだ。

位置情報データを解析し、顧客がいそうな、ポテンシャルの高いエリアを見つけ出す
位置情報データを解析し、顧客がいそうな、ポテンシャルの高いエリアを見つけ出す

 新型コロナウイルスの感染拡大対策として緊急事態宣言が発令された前後から、外出や外食を自粛する消費者の動きが広まった。飲食店も営業自粛や営業時間短縮を求められる中、売り上げ減少を補おうと、 店舗内での営業からテークアウトやデリバリーにシフトするケースが増えた。緊急事態宣言が解除された今もそれを続けている飲食店は多い。

 そうした店舗の悩みが告知・宣伝だ。せっかくテークアウトやデリバリーを始めても、それを知らせなければ顧客は呼べない。チラシを配布するのが一般的だが、店舗の周辺エリアにただ配布しても、そこがターゲット層がいるエリアとは限らない。

 「テークアウトやデリバリーを始めても、どこのエリアにチラシを配ればいいのか分からないという店は多い」。位置情報解析技術を使ったソリューションを提供するクロスロケーションズでダイレクトセールス セールスマネジャーを務める吉永倫久氏は問題点をそう語る。

 そこでクロスロケーションズが始めたのが、同社の位置情報データ活用プラットフォーム「Location AI Platform」(以下、LAP)を使って店舗のターゲット層がいると思われるエリアを抽出し、チラシ配布エリアを最適化するという取り組みだ。

 LAPは、スマートフォンのアプリから入手した位置情報データをAI(人工知能)で統計処理することで、消費者行動の傾向を視覚化するサービスだ。顧客がどのエリアから来ているか、来店する確率の高い潜在的な顧客がいるエリアはどこか、顧客が他にどんな店に足を運んでいるのかを推測したり、近隣の競合店と自店舗とのシェアを比較したりできる。特定のエリアについて、一定時間に人がどれだけ増減したのかといった人流の変化も分かる。

■変更履歴
20年7月15日の料金プラン変更に伴い、価格の表記を削除しました。本文は修正済みです。[2020/7/20 12:40]