「自分で詰める水のボトル」190円(税込み)。容量330ml。持ち運びしやすいようにフラットな形状にしている

なぜ水道水? 無印良品が店頭で給水サービスを開始した理由

2020年07月21日
  • 「自分で詰める水のボトル」190円(税込み)。容量330ml。持ち運びしやすいようにフラットな形状にしている
  • 「ステンレス保温保冷マグ 約200ml」(写真左)、990円(税込み)。既存の2サイズとは異なり、軽さを重視してポリプロピレン製のキャップを採用している
  • 良品計画がリリースした「水アプリ」。給水器を設置している無印良品店舗と東京都水道局が紹介する都内約700カ所の給水スポットが検索できる。また、給水量や給水することで削減できるペットボトルの廃棄量とCO2排出量もアプリ上で確認できる