世界61カ国に約1700店舗を展開するスポーツ用品チェーン「デカトロン」が、日本2号店をイオン幕張店(千葉県美浜区)の1階に出店。2020年5月22日から営業しており、店内には高機能・低価格と定評がある自社ブランドの商品がズラリと並ぶ。豊富な品ぞろえのなかから、おすすめの逸品を見ていこう。

デカトロンの日本2号店はイオン幕張店の1階。JR東日本京葉線の海浜幕張駅から国際大通り沿いに徒歩5~6分
デカトロンの日本2号店はイオン幕張店の1階。JR東日本京葉線の海浜幕張駅から国際大通り沿いに徒歩5~6分

100円均一に迫る驚きの低価格

 JR東日本京葉線の海浜幕張駅から徒歩で5~6分、デカトロン幕張店はイオン幕張店の1階のほとんどを占めている。店舗面積は約2500平方メートル、そこに約40種類のスポーツに向けた商品4000モデル、約1万3000点を取りそろえているという。幕張店は2019年3月にオープンした西宮店に続く2号店だ。当初は20年4月オープンの予定だったが、新型コロナ感染症拡大の影響で5月22日に延期され、プレス向けの内覧会が実施されたのは7月に入ってから。その席でデカトロンジャパンのエリック・ギナール社長は「この店舗を訪れるすべての人に新しいスポーツとの出会いがあることを願っている」と、出店の意義を語った。

 駅に近い方の出入り口から店内に入ると、すぐに目に入るのは「WELCOME DESK(ウエルカムデスク)」と呼ばれるレジ。そこで左を向けばデカトロンの製品が並ぶ。

ウエルカムデスク。左側にはらせん階段とエスカレーターがあるのだが、それを越えればデカトロンワールドが広がる
ウエルカムデスク。左側にはらせん階段とエスカレーターがあるのだが、それを越えればデカトロンワールドが広がる

 店内はキャンプ&ハイキング、マリンスポーツ、フィットネスなどジャンルごとに9つのエリアに分かれる。ウエルカムデスクの手前で振り返ると、まずはランニング&ウオーキングエリアが広がる。そして、右手に見えるエスカレーターを越えて進むと、その向こう側は広大なデカトロンワールドだ。

デカトロンの店内。番号でいうと(9)から(8)の方向へ進み、(5)で折り返して(4)~(1)を通り抜け、ウエルカムデスクで会計を済ませる流れ
デカトロンの店内。番号でいうと(9)から(8)の方向へ進み、(5)で折り返して(4)~(1)を通り抜け、ウエルカムデスクで会計を済ませる流れ
エスカレーターを通り過ぎると店舗の向こう側まで見渡せる
エスカレーターを通り過ぎると店舗の向こう側まで見渡せる

 そもそもデカトロンは、1976年にフランスのリールで設立されて以来、低価格・高機能を売りに成長してきたスポーツ用品チェーンだ。どの商品も価格を見ると「え?」となる。例えば、QUECHUA(ケシュア)ブランドのバックパックは驚きの390円(税込み、以下同)。FORCLAZ(フォルクラ)ブランドの2人用テントは9900円。

ケシュアのバックパック。サイズは高さ39cm×幅20cm×奥行き12cmで容量は10L
ケシュアのバックパック。サイズは高さ39cm×幅20cm×奥行き12cmで容量は10L
フォルクラの2人用テント。折り畳むとスタッフが手に持っているサイズになる
フォルクラの2人用テント。折り畳むとスタッフが手に持っているサイズになる