世界61カ国に約1700店舗を展開するスポーツ用品チェーン「デカトロン」が、日本2号店をイオン幕張店(千葉県美浜区)の1階に出店。2020年5月22日から営業しており、店内には高機能・低価格と定評がある自社ブランドの商品がズラリと並ぶ。豊富な品ぞろえのなかから、おすすめの逸品を見ていこう。

デカトロンの日本2号店はイオン幕張店の1階。JR東日本京葉線の海浜幕張駅から国際大通り沿いに徒歩5~6分
デカトロンの日本2号店はイオン幕張店の1階。JR東日本京葉線の海浜幕張駅から国際大通り沿いに徒歩5~6分

100円均一に迫る驚きの低価格

 JR東日本京葉線の海浜幕張駅から徒歩で5~6分、デカトロン幕張店はイオン幕張店の1階のほとんどを占めている。店舗面積は約2500平方メートル、そこに約40種類のスポーツに向けた商品4000モデル、約1万3000点を取りそろえているという。幕張店は2019年3月にオープンした西宮店に続く2号店だ。当初は20年4月オープンの予定だったが、新型コロナ感染症拡大の影響で5月22日に延期され、プレス向けの内覧会が実施されたのは7月に入ってから。その席でデカトロンジャパンのエリック・ギナール社長は「この店舗を訪れるすべての人に新しいスポーツとの出会いがあることを願っている」と、出店の意義を語った。

 駅に近い方の出入り口から店内に入ると、すぐに目に入るのは「WELCOME DESK(ウエルカムデスク)」と呼ばれるレジ。そこで左を向けばデカトロンの製品が並ぶ。

ウエルカムデスク。左側にはらせん階段とエスカレーターがあるのだが、それを越えればデカトロンワールドが広がる
ウエルカムデスク。左側にはらせん階段とエスカレーターがあるのだが、それを越えればデカトロンワールドが広がる

 店内はキャンプ&ハイキング、マリンスポーツ、フィットネスなどジャンルごとに9つのエリアに分かれる。ウエルカムデスクの手前で振り返ると、まずはランニング&ウオーキングエリアが広がる。そして、右手に見えるエスカレーターを越えて進むと、その向こう側は広大なデカトロンワールドだ。

デカトロンの店内。番号でいうと(9)から(8)の方向へ進み、(5)で折り返して(4)~(1)を通り抜け、ウエルカムデスクで会計を済ませる流れ
デカトロンの店内。番号でいうと(9)から(8)の方向へ進み、(5)で折り返して(4)~(1)を通り抜け、ウエルカムデスクで会計を済ませる流れ
エスカレーターを通り過ぎると店舗の向こう側まで見渡せる
エスカレーターを通り過ぎると店舗の向こう側まで見渡せる

 そもそもデカトロンは、1976年にフランスのリールで設立されて以来、低価格・高機能を売りに成長してきたスポーツ用品チェーンだ。どの商品も価格を見ると「え?」となる。例えば、QUECHUA(ケシュア)ブランドのバックパックは驚きの390円(税込み、以下同)。FORCLAZ(フォルクラ)ブランドの2人用テントは9900円。

ケシュアのバックパック。サイズは高さ39cm×幅20cm×奥行き12cmで容量は10L
ケシュアのバックパック。サイズは高さ39cm×幅20cm×奥行き12cmで容量は10L
フォルクラの2人用テント。折り畳むとスタッフが手に持っているサイズになる
フォルクラの2人用テント。折り畳むとスタッフが手に持っているサイズになる

製品もスタッフのサービスも革新的

 デカトロンの製品は価格が安いだけでなく、革新的でもある。なかでも面白いのは、マリンスポーツエリアにあったSUBEA(スベア)ブランドの「Easybreath(イージーブレス、4090円)」。これはフルフェースタイプのシュノーケリングマスクで、鼻から空気を吸って口から出す“自然な呼吸”ができるのが特徴。深く潜ってもシュノーケルに水が入ってこない構造になっているのもポイントだ。

 また、ラケットスポーツエリアで発見したPERFLY(パーフライ)ブランドの「EASY NET 3m(イージーネット、4990円)」もユニークな製品と言える。ちょっとしたスペースがあればその場で楽しめるのがバドミントンの魅力だが、問題はネットの設置。ネットなしで遊んだ経験のある人は少なくないはずだ。しかしイージーネットを持っていれば高さ1.5m、幅3mのネットを1分もかからずに用意できてしまう。ネットを収納するケースに、ラケット2本とシャトルコック1個を収納するスペースがあるのもニクい。

イージーブレスのサイズはS/MとM/Lの2種類。ギナール社長は「4人家族なので4つ買った」と言っていた
イージーブレスのサイズはS/MとM/Lの2種類。ギナール社長は「4人家族なので4つ買った」と言っていた
イージーネットを広げたところ。ネット、ラケット、シャトルコックをセットにした「EASY SET(イージーセット)3m」は6290円
イージーネットを広げたところ。ネット、ラケット、シャトルコックをセットにした「EASY SET(イージーセット)3m」は6290円

 各エリアには実際に商品を試せるスペースがあり、体験型商業施設としての一面も持つ。自分で試したり、スタッフに実演してもらったりもできる。しかも、各エリアに常駐するスタッフは、すべてそのスポーツの経験者だ。担当する商品がどのように使われるのか、実際にスポーツを体験していないと来客が満足するサービス、説明ができないという考えを基に接客面も工夫している。

 デカトロンはダイバーシティーを重視しているため外国人のスタッフも多いが、全員日本語OKなので、分からないことがあれば遠慮なく聞いてみよう。スタッフが着用している名札は基本的に名字ではなく名前なので、親近感を持って声を掛けられるはずだ。

フィットネスエリアの日本人スタッフ、ハルコさんは、ハンドル付レジスタンスバンド「Tonetube(1290円~)」の使い方を実演してくれた
フィットネスエリアの日本人スタッフ、ハルコさんは、ハンドル付レジスタンスバンド「Tonetube(1290円~)」の使い方を実演してくれた
ゴルフエリアではベトナム人のアンさんがパッティングをレクチャーしてくれた
ゴルフエリアではベトナム人のアンさんがパッティングをレクチャーしてくれた

 低価格のイメージがあるデカトロンだが、本格的な製品もある。例えばVAN-RYSEL(ヴァンリーゼル)ブランドのロードレース用自転車「CF CN 900」の価格は19万8800円。とはいえスタッフによれば、カーボンフレームでこの低価格は見かけないとのことだ。

 またEVADICT(エバディクト)ブランドの「ULTRA 15L(8790円)」は、80~300kmという本格的なトレイルランニング用のバッグ。水分補給のためのウオーターブラダー(2L)も付いている。計5つのストラップでフィット感を調整できるので安定性は抜群。もはやバッグではなくウエアと言っていいレベルで、ウオーキングが趣味というギナール社長もお薦めしていた。

 個人的に気になったのが、OXELO(オクセロ)ブランドの折り畳み式キックスケーター「Town9 EF V2(2万4900円)」。重量は6.4kgとやや重いが、平らなところの移動ならトロリーモードでキャリーバッグのように転がして持ち歩ける。

 現状、日本ではデカトロン自体の知名度がそれほど高くない上、新型コロナ感染症流行の影響で客足も伸びていない。しかし、コストパフォーマンスの良さとブランドの革新性、サービスの質の高さが認知されれば、デカトロン幕張店は人気店の1つになりそうだ。

カーボンフレームのロードレース用自転車「CF CN 900」。サイズはXSからXLまでの5種類
カーボンフレームのロードレース用自転車「CF CN 900」。サイズはXSからXLまでの5種類
トレイルランニング用バッグ「ULTRA 15L」。サイズはXS/S、M/L、XLの3種類
トレイルランニング用バッグ「ULTRA 15L」。サイズはXS/S、M/L、XLの3種類
折り畳み式キックスケーター「Town9 EF V2」。対象身長は145~195cm、最大耐荷重は100kg
折り畳み式キックスケーター「Town9 EF V2」。対象身長は145~195cm、最大耐荷重は100kg

(写真/吉村 永)

この記事をいいね!する

日経トレンディ10月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年10月号
【巻頭特集】業務スーパー、カインズ、ワークマン大研究
【第2特集】家電のサブスク お得度チェック
【ヒット商品連載】ニコン「Z fc」、BMW「MINI」 他
【人気連載】40代おじさん白書 ロンブー田村淳に聞く
発行・発売日:2021年9月3日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する