寝具や子供コーナーも充実

 新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛が解禁されて間もない時期のオープン。その影響もあって、一部だが売り場の内容変更もあった。ファーストリテイリングコーポレート広報によると、ステイホーム需要に対応し、「部屋着や寝具などの生活関連商品の一部を、目立つ場所で紹介する」などの変更が加えられたという。

ゆったりした店内を生かして、「エアリズム寝具」によるベッドメークを紹介するコーナーも設置。他のユニクロ店舗ではなかなか見られないコーナーだ
ゆったりした店内を生かして、「エアリズム寝具」によるベッドメークを紹介するコーナーも設置。他のユニクロ店舗ではなかなか見られないコーナーだ

 大人の街、銀座を意識した売り場も目立つ。世界で1つのオリジナルTシャツが作れるサービス「UTme!」のエリアでは、銀座の地元人気店とコラボしたTシャツやグッズなどの他、銀座にある泰明幼稚園の園児や泰明小学校の生徒たちが描いたイラストで作った、子供用Tシャツも紹介されている。

 ファミリー層もターゲットだ。4階のキッズ&ベビー売り場では、子供がお絵描きをしたり、絵本を読んだりできるライブラリーも用意されている。

「銀座 松崎煎餅」など、地元名店10店とオリジナルTシャツサービス「UTme!」がコラボ
「銀座 松崎煎餅」など、地元名店10店とオリジナルTシャツサービス「UTme!」がコラボ
地元の幼稚園や小学校の子供たちのイラストもTシャツに
地元の幼稚園や小学校の子供たちのイラストもTシャツに
バルーンアートが楽しいキッズ&ベビー売り場
バルーンアートが楽しいキッズ&ベビー売り場
子供が遊べるライブラリー
子供が遊べるライブラリー
1階にはエアリズムの仕組みを学べる実験コーナーも
1階にはエアリズムの仕組みを学べる実験コーナーも

 2020年度は、新型コロナウイルス感染症の世界的流行による大幅な減収減益が予想されているファッション業界。ユニクロも例外ではないが、ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は会見でこう意気込んだ。

 「この店をきっかけに日本を元気にしたい」

原宿店に設置され話題になったアプリ「StyleHint」と同じように、服を探せるパネルを設置
原宿店に設置され話題になったアプリ「StyleHint」と同じように、服を探せるパネルを設置
メンズフロアは3階。着丈、袖丈を簡単に選べる「オーダーメード感覚で選ぶ、感動ジャケット」も、試着用サンプルを特別に用意
メンズフロアは3階。着丈、袖丈を簡単に選べる「オーダーメード感覚で選ぶ、感動ジャケット」も、試着用サンプルを特別に用意

(写真/福光 恵)