ミニチュアテーマパーク「SMALL WORLDS TOKYO(スモールワールズ トーキョー)」が2020年6月11日、東京都江東区の有明にオープンした。最大の特徴は3Dスキャナーで制作した自分のフィギュアを展示できる「住民権付フィギュアプログラム」。“住民”獲得で安定収入を狙う。

ミニチュアを眺めるのではなく、その世界に参加するという新発想で収益化を目指すSMALL WORLDS TOKYO。テーマパークのビジネスモデルが変わるかもしれない ©SMALL WORLDS
ミニチュアを眺めるのではなく、その世界に参加するという新発想で収益化を目指すSMALL WORLDS TOKYO。テーマパークのビジネスモデルが変わるかもしれない ©SMALL WORLDS

第3新東京市、麻布十番……ミニチュアの世界に住む

 SMALL WORLDS TOKYOは、総面積約8000平方メートルという屋内型としては世界最大級のミニチュア・テーマパーク。「エヴァンゲリオン 第3新東京市エリア」「美少女戦士セーラームーンエリア」など6つのエリアを用意し、最先端のテクノロジーを駆使した動くミニチュアがアピールポイントだ。

 SMALL WORLDS TOKYOが特徴的なのは、その収益モデル。お金を払えば、来場者は目の前に広がる夢の世界の“住人”になれるのだ。いわば「ミニチュア世界の不動産化」である。

 「住民権付フィギュアプログラム」の購入者は、80分の1サイズに縮小した自身のフィギュアを1年間限定でミニチュアの世界に設置できる。料金は「エヴァンゲリオン 第3新東京市エリア」の場合、大人は1万9800円(税込み、以下同。高校生以下は1万7600円)で、年間パスポート(9800円、高校生以下は7600円)と1人分の入場パスポート(2700円、高校生以下は1900円)が付く。他にも「美少女戦士セーラームーンエリア」の販売が始まるなど、熱烈なファンなら、これまで夢見るしかなかった「憧れのキャラクターと同じ世界に住む」という願いがかなうかもしれない。

住民権付フィギュアプログラムを購入すると3Dスキャナーで撮影したフィギュアを作ってもらえる。撮影は数秒だが、フィギュア制作には2週間ほどかかる ©SMALL WORLDS
住民権付フィギュアプログラムを購入すると3Dスキャナーで撮影したフィギュアを作ってもらえる。撮影は数秒だが、フィギュア制作には2週間ほどかかる ©SMALL WORLDS

 今回の収益モデルについて運営会社SMALL WORLDS(東京・港)の近藤正拡氏は「入場料、飲食、物販、スポンサーまでは従来のテーマパークと全く同じ考え方。そこに個人参加型という要素を追加した。住民権付フィギュアプログラムが成功すれば、テーマパークのビジネスモデルが変わるかもしれない」と期待する。住民権付フィギュアプログラムは1年ごとに更新されるため、一定数の“住民”を確保できれば、天候などに左右されることもなく、毎年安定した収益が見込めるからだ。

エヴァンゲリオン 第3新東京市エリア
エヴァンゲリオン 第3新東京市エリア
人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」に登場する未来都市。謎の生命体“使徒”が襲来すると街全体が地下へ格納される仕組みも再現 ©khara
エヴァンゲリオン 格納庫エリア
エヴァンゲリオン 格納庫エリア
同じく「新世紀エヴァンゲリオン」に登場するエヴァンゲリオンの格納庫。司令室からの指示で初号機、零号機、2号機が次々と射出される ©khara

 「ミニチュアは不動産物件みたいなもの。ニーズがあるかどうかは別として、ミニチュアの世界で一軒家を所有して自分の名前で表札を出すこともできる」と近藤氏。実際、スポンサーであるプリマハムが広報車両「ウインナー号」のミニチュアを走らせていたり、関西国際空港を発着する飛行機の機体に日本航空が自社のロゴを入れたり、ミニチュアの世界観をうまく取り込んでプロモーションに活用している企業もある。

美少女戦士セーラームーンエリア
美少女戦士セーラームーンエリア
1990年代当時の麻布十番を忠実に再現。昼は活気のある町並み、夜は変身したセーラー戦士の活躍を見られる。仙台坂上でバスが消える演出も ©Naoko Takeuchi

自作できる不動産を世界に展開

 SMALL WORLDSには、SMALL WORLDS TOKYOのようなミニチュア・テーマパークを国内外へと展開する計画もある。21年にはSMALL WORLDS OKINAWAをオープンする予定で、その後は1年に1拠点を目標に中国など海外15カ所に進出するという。展示エリアにエヴァンゲリオンやセーラームーンを選んだのも「日本だけでなく、海外でも認知されているコンテンツ」(近藤氏)だからだ。

宇宙センターエリア
宇宙センターエリア
1970年代と未来の宇宙センターが同じ空間に存在するエリア。アポロ計画時代に使用されたサターンV(ファイブ)型ロケット、および未来型シャトルが30分に1回のペースで打ち上げられる ©SMALL WORLDS
関西国際空港エリア
関西国際空港エリア
エンジン音をとどろかせて飛行機が離着陸を繰り返す。ターミナルには搭乗手続きをする人や手荷物を待つ人の姿も ©SMALL WORLDS
世界の街エリア
世界の街エリア
第1次産業革命時代のアジアとヨーロッパを1つにまとめたようなファンタジー世界。ドラゴンと暮らす村、城壁に囲まれたリゾート都市などでさまざまなギミックが動く ©SMALL WORLDS

 一定期間を過ぎた展示エリアは、新設する別のテーマパークに移送するという。その際は、SMALL WORLDS TOKYOの“空いた土地”に新しい展示エリアが追加される。ミニチュア・テーマパークの新規オープンが続き、展示エリアを循環させていけば、継続的なミニチュア制作の需要も発生するので、事業の持続的な成長が見込める。

 ドイツ・ハンブルクの鉄道模型テーマパーク「ミニチュアワンダーランド」をはじめ、オランダのデン・ハーグにあるミニチュアタウン「マドローダム」、米ニューヨークのミニチュアワールド「ガリバーズゲート」など、ミニチュア・テーマパークは世界的にも注目されている。新型コロナウイルスの影響で開業が遅れた上、インバウンドの減少も懸念されるが、SMALL WORLDSは初年度の来場者数の目標を年間200万人に設定している。

レストラン「WHITE ART」
レストラン「WHITE ART」
施設内にはレストランや、ミニチュア作りを体験できるワークショップスペースも ©SMALL WORLDS
スーベニア
スーベニア
さまざまなオリジナルグッズも販売する。エヴァンゲリオンの絵皿(写真)は税別2400円 ©SMALL WORLDS

(写真提供/SMALL WORLDS)