ディズニーがワールドワイドで手掛ける定額制動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」が2020年6月11日、ついに日本でもスタートした。ディズニー、マーベル、「スター・ウォーズ」などの強力なラインアップをそろえ、先行する米国では早くもNetflix、Amazon Prime Video、Huluに次ぐ4番手に躍り出た。日本でも本領発揮となるか。

ディズニーがワールドワイドで手掛ける定額制動画配信サービス「Disney+」
ディズニーがワールドワイドで手掛ける定額制動画配信サービス「Disney+」

 Disney+は米ウォルト・ディズニー・カンパニーが2019年11月に開始した定額制動画配信サービス。米国を皮切りに、欧州、インドなどに拡大し、20年6月11日からは日本でもサービスが始まった。

 ディズニーの動画配信サービスというと、19年3月からNTTドコモと共同で運営してきた「Disney DELUXE」がある。ただ、これは日本独自のローカルサービス。ディズニーが主体となり、ブランディングから価格帯、コンテンツのラインアップまでを統一してグローバル展開するDisney+は、これらとは一線を画したものだ。

 実際、Disney+の開始を機に、Disney DELUXEはDisney+に統合された。このため、Disney DELUXE時代からの日本独自の仕様は一部残る。日本版Disney+にはサービスの利用にNTTドコモの共通ID「dアカウント」が必要(NTTドコモユーザー以外も登録できる)なことや、インターフェースが一部異なること、日本独自のコンテンツもあることなどだ。それでも、ディズニーが日本市場をグローバルの戦略に組み込み、日本での動画配信サービス事業に本腰を入れたことには変わりはない。

世界同時配信のオリジナル新作も投入

 グローバル展開の特徴が最も発揮されるのは、コンテンツのラインアップだ。NetflixやAmazon Prime Videoなどの競合と差別化でき、なおかつディズニーブランドの売りでもある即効性のある作品が並ぶ。

 サービス開始時の目玉作品は、19年公開の映画『トイ・ストーリー4』や、日本でも大ヒットしたジェームズ・キャメロン監督の『アバター』(09年公開)、ジョニー・デップ主演の名作『シザーハンズ』(91年公開)など。

 米ナショナル ジオグラフィック製作のドキュメンタリー作品もラインアップされており、19年度のアカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した『フリーソロ』やウィル・スミスが番組ホストを務める『宇宙の奇石』なども配信する。

 こうしたコンテンツは今後、さらに充実する。Disney DELUXEは日本独自のサービスのため、一部コンテンツが見られなかったが、Disney+ではグローバル展開だからこそ可能になる世界同時配信のオリジナル新作が投入されるからだ。「スター・ウォーズ」シリーズ初の実写ドラマシリーズ「マンダロリアン」など、これまでDisney DELUXEで配信されていたコンテンツに加え、人気シリーズのスピンオフやディズニーのコンテンツ制作の裏側を紹介するドキュメンタリーなども配信を予定している。

 価格や機能もグローバルでほぼ統一される。日本円では月額料金700円(税別)で、競合サービスと比べて低価格。端末にダウンロードすることでオフライン環境でも見られる機能や、テレビ、スマートフォンなど最大5台(同時視聴は4台まで)のデバイスで利用できる機能なども用意する。

併用に強いDisney+、動画配信3強に迫る

 日本ではサービスが始まったばかりのDisney+だが、先行する国々での成長ぶりは目覚ましい。

 例えば米国では現在、Netflix、Amazon Prime Video、Huluの3強に続く、グローバル展開の定額制動画配信サービスが続々と立ち上がっている。前述のように、Disney+がサービスを開始したのは19年11月。前後して米アップルのApple TV+もスタートした。20年に入って、4月には元ディズニー会長のジェフリー・カッツェンバーグ氏が立ち上げたショート動画中心のQuibiがスタート。続く5月にはワーナーグループのHBO Maxも始まっている。年内では米NBCユニバーサルのPeacockも参入が計画中だ。

 競争激化が増す市場でも、いち早く強さを見せつけたのがDisney+だった。米国では、サービス開始後、最初の24時間でアプリが1000万ダウンロードを記録。その後も順調に会員数を伸ばしている。米パークス・アソシエイツの調査によると、市場参入からわずか6カ月で、ブロードバンド契約世帯の25%が利用するまでに急成長したことが分かった。

 また、同社が20年3月8日から4月3日までの期間、米国のブロードバンド世帯の世帯主1万人以上を対象に実施した消費者調査では、Disney+のシェアはNetflix、Amazon Prime Video、Huluに次ぐ4番手に食い込んだ。

 さらに、ユーザー動向が垣間見える興味深い結果もある。Disney+の加入者の81%がNetflixを利用していること、Disney+の加入者のほぼ半数が過去12カ月間に別の定額制動画配信サービスを解約していることだ。つまり、Disney+は単独ではなく、Netflixをはじめとした競合サービスに追加して契約される傾向があること、複数サービスを契約する際の費用負担を考慮して取捨選択する場合、ユーザーはDisney+を残して他のサービスをやめる傾向があるということだ。

日本版Disney+のサービス画面
日本版Disney+のサービス画面

 米国と同時にサービスを開始したカナダ、オーストラリア、20年4月に開始したフランス、インドでもDisney+は好スタートを切った。9月にはベルギー、ルクセンブルク、ポルトガル、北欧各国でも開始し、20年半ばまでには欧州のほとんどの国に拡大する見込みだ。20年中には南米に進出する予定もある。ディズニーは当初、24年までに加入者数が6000万~9000万人に上ると予測していたが、好調な立ち上がりを受けて上方修正。4年ほど早い20年中に達成できると考えている。

 こうしたDisney+の強さは、当然のことながらブランド力によるところが大きい。ディズニー、ピクサー、マーベル、スターウォーズ、ナショナルジオグラフィックという5つの柱を打ち立てたことで、ファミリーを中心に、老若男女すべてに訴えるブランド力を身に付けた。それらを前面に押し出して展開する動画配信サービスは、それ自体がディズニーの本気度を表したものだ。乱立する動画配信サービスを選ぶユーザーにとっても、分かりやすいブランドイメージが選択の決め手になる。

 日本独自で展開していたDisney DELUXEをリブランディングし、NetflixやAmazon Prime Videoに並ぶワールドワイドのサービスとしての存在感を発揮することで、日本でも急進勢力となることは間違いない。

(C)2020 Disney and its related entities

この記事をいいね!する