2020年4月7日の緊急事態宣言を受け、開催を自粛・延期するところが多かったリアル脱出ゲーム。そんななかSCRAP(スクラップ、東京・渋谷)は、いち早く既存ゲームをリモート化して公演にこぎ着けた。結果、売り上げは前年比2%から10%まで回復。リアル脱出ゲームの新しい可能性も見えてきた。

さまざまな謎を解き明かし、ミッションをクリアして会場から脱出するリアル脱出ゲーム。リモート化したことで新しい楽しみ方も見えてきた
さまざまな謎を解き明かし、ミッションをクリアして会場から脱出するリアル脱出ゲーム。リモート化したことで新しい楽しみ方も見えてきた

自粛要請から3週間でリモート公演を実現

 リアル脱出ゲームとは、マンションの一室や学校、病院などを舞台に、さまざまな謎を解いて会場から脱出する体験型のエンターテインメントのこと。脱出できたときの達成感や、物語の登場人物になりきって謎を解いていく没入感が魅力だ。2010年ごろからじわじわとブームになり、今でも20代の若者を中心に人気を博している。

 その名の通り「リアル」の場でゲームを楽しむという性質上、緊急事態宣言発出後は、都心で開催される公演の多くが自粛・延期を余儀なくされた。

 そんななか、20年4月7日の緊急事態宣言からわずか3週間でビデオ・Web会議アプリ「Zoom」を利用した「リモート公演」を実現したのが、リアル脱出ゲーム人気をけん引してきたスクラップだ。

 同社の宣伝PRを担当するかわかたたまみ氏によれば、緊急事態宣言の直後には社内からリモート公演のアイデアが上がっており、リモートによるテスト運営を繰り返したとのこと。4月24日に発売されたチケットは即日完売、5月1日には第1回のリモート公演が開催された。

 「お客さんが来られないという制約のなかで、『われわれのエンターテインメントをどう届けるか』という課題がきたと捉えていた。やれることを考えるというよりも、社員から続々とアイデアが上がってきて、どれから手を着けるか選んでいった」と、かわかた氏。社員のモチベーションの高さが今回のスピード感につながった。

スクラップのホームページを見ると、毎日さまざまな公演が開催されていることが分かる
スクラップのホームページを見ると、毎日さまざまな公演が開催されていることが分かる