紳士服チェーン「洋服の青山」を展開する青山商事は2020年5月27日、「テレワーク等ストレス軽減シャツ&インナー」を発売した。これは既存の製品を特定のテーマで組み合わせた新企画商品。“新開発”ではなく“新企画”をあえて掲げる背景には、コロナ禍を機にビジネスモデルの転換を図る同社の戦略があった。

新企画商品「テレワーク等ストレス軽減シャツ&インナー」。(出典/青山商事オンライン発表会資料)
新企画商品「テレワーク等ストレス軽減シャツ&インナー」。(出典/青山商事オンライン発表会資料)

 今回発売したテレワーク等ストレス軽減シャツ&インナーは「コロナ禍での働き方の変化と、それに伴うストレス対策を目的としたビジネスパーソン向けの新企画商品」(青山商事)。文字通りシャツとインナーのセットで、いずれも生地にはスポーツ用品メーカーのミズノが手がける接触涼感素材「アイスタッチ」を使用している。

 アイスタッチは吸汗速乾性に優れた素材で、汗や体熱を素早く逃がして、清涼感のあるさらっとした状態を保つ効果がある。同素材のシャツとインナーを組み合わせることで、より涼感効果を実感できるという。

「新商品」ではなく「新企画」

 同社がこのシャツ&インナーを、新商品ではなく「新企画商品」と呼んでいるのには理由がある。

 洋服の青山では、13年からアイスタッチを使用した涼感肌着を販売してきた。猛暑日の増加や清涼肌着ブームなどを背景に需要が高まり、今では夏の定番商品になっている。

 19年4月には、ビジネスシャツにも同素材を採用。運動時の動きやすさを追求したミズノの動的機能裁断「ダイナモーションフィット」を取り入れることで、動作性を高めた夏用ビジネスシャツ「アイスタッチドレスシャツ」を発売した。

 今回のシャツ&インナーはこの2つのセット商品。つまり、青山商事は新しく商品を開発したのではなく、既存の商品を組み合わせて企画商品として打ち出したのだ。

ミズノと共同企画した「アイスタッチドレスシャツ」。洗濯後のシワを軽減する「形態安定加工」が施されている。半袖・長袖ともに店頭価格は3900円(税抜)
ミズノと共同企画した「アイスタッチドレスシャツ」。洗濯後のシワを軽減する「形態安定加工」が施されている。半袖・長袖ともに店頭価格は3900円(税抜)