全国小売店の販売データを集計する日経POS情報で、2020年5月の来店客千人当たり販売金額の前年同月比伸び率を調査した。外出自粛と在宅勤務の浸透で自宅滞在時間が増えたことから、“宅飲み”用の酒類が大きく伸びた。

オンライン飲み会では何を飲む?(写真提供/Shutterstock)
オンライン飲み会では何を飲む?(写真提供/Shutterstock)

 日経POS情報の食品ジャンルにおける2020年5月の前年同月比伸び率上位は、1位「スピリッツ」(199.7%増)、2位「生クリーム」(137.1%増)、3位「ケーキ・パン材料」(128.6%増)、4位「プレミックス」(99.7%増)、5位「中国酒」(96.2%増)、6位「リキュール」(87.0%増)というラインアップだった。

日経POSデータ 食品カテゴリーにおける前年同月比伸び率ランキング
日経POSデータ 食品カテゴリーにおける前年同月比伸び率ランキング

 注目は、トップ10のうち、スピリッツ、中国酒、リキュールと、酒類が3つランクインしたこと。ここ最近のレモンサワー人気から、リキュールや「カクテルドリンク」がたびたび上位にランクインしていたが、酒類3カテゴリーが上位6位までの半分を占めるのは異例だ。

 1位のスピリッツは、ジン、ウオッカ、ラム酒など蒸留酒の総称。菊水酒造「アルコール77」、サントリー「翠 ジャパニーズジン 40度」、サントリー「ビーフィーター ジン40度」が売れ筋だ。5位の中国酒は、宝酒造「紹興酒 塔牌(トウハイ)」、キリン「杏露酒(しんるちゅう)」が人気を二分している。6位のリキュールは、スピリッツ(蒸溜酒)に果実や薬草、香草などで風味づけをして甘みを加えた混成酒。サントリー「こだわり酒場のレモンサワーの素」が、ソーダで割るだけで手軽にレモンサワーを楽しめることで人気になっている。

 新型コロナウイルスの感染が拡大した20年2月から5月にかけて、トップ10にランクインした食品カテゴリーを見ると、巣ごもり生活の変化がうかがえる。

前年同月比伸び率ランキングの2~5月の推移
前年同月比伸び率ランキングの2~5月の推移

 2月は、川商フーズ「ノザキのコンビーフ」やホテイフーズの「やきとり たれ味」が売れ筋の「畜肉缶詰」、「乾パスタ」および「パスタソース」、「即席食品」などが上位で、日持ちしてすぐに食べられる“長期籠城”を見込んだ消費傾向が見られた。3月になると、ホットケーキミックスやお好み焼き粉などの「プレミックス」に、「みつ・シロップ」「バター」がランクインし、ホットケーキ作りを楽しむ様子がうかがえた。

 4月に入ると、ベーキングパウダーやバニラエッセンスなどの「ケーキ・パン材料」、ホイップクリームを含む「生クリーム」、ハウス食品「フルーチェ」が上位を占める「デザートミックス」がランクイン。ケーキ、パン、デザートと、おやつクッキングの幅が広がった。

 そして5月。引き続きおやつ材料が好調の中に食い込んできたのが上記の酒類だった。バーやナイトクラブが“夜の街クラスター(感染者集団)”となり、居酒屋も営業自粛や時間短縮で“外飲み”をしなくなった分、“宅飲み”が増えるのは当然だが、いささか増えすぎのようにも見える。

 1位スピリッツの5月の千人当たり販売金額は685.4円で、4月の456.1円から50.3%増。5位中国酒、6位リキュールも、3月から5月にかけて同様に急増している。

 ただし、酒類であれば何でも販売金額が急増しているかといえば、そうではない。5月のランキングで、ビールは前年同月比11.5%増、129位だった。宅飲みは「とりあえずビール」から始まらず、最初から飲みたいものを飲むのが流儀なのかもしれない。