全国小売店の販売データを集計する日経POS情報で、2020年5月の来店客千人当たり販売金額の前年同月比伸び率を調査した。外出自粛と在宅勤務の浸透で自宅滞在時間が増えたことから、“宅飲み”用の酒類が大きく伸びた。

オンライン飲み会では何を飲む?(写真提供/Shutterstock)
オンライン飲み会では何を飲む?(写真提供/Shutterstock)

 日経POS情報の食品ジャンルにおける2020年5月の前年同月比伸び率上位は、1位「スピリッツ」(199.7%増)、2位「生クリーム」(137.1%増)、3位「ケーキ・パン材料」(128.6%増)、4位「プレミックス」(99.7%増)、5位「中国酒」(96.2%増)、6位「リキュール」(87.0%増)というラインアップだった。

日経POSデータ 食品カテゴリーにおける前年同月比伸び率ランキング
日経POSデータ 食品カテゴリーにおける前年同月比伸び率ランキング

 注目は、トップ10のうち、スピリッツ、中国酒、リキュールと、酒類が3つランクインしたこと。ここ最近のレモンサワー人気から、リキュールや「カクテルドリンク」がたびたび上位にランクインしていたが、酒類3カテゴリーが上位6位までの半分を占めるのは異例だ。

 1位のスピリッツは、ジン、ウオッカ、ラム酒など蒸留酒の総称。菊水酒造「アルコール77」、サントリー「翠 ジャパニーズジン 40度」、サントリー「ビーフィーター ジン40度」が売れ筋だ。5位の中国酒は、宝酒造「紹興酒 塔牌(トウハイ)」、キリン「杏露酒(しんるちゅう)」が人気を二分している。6位のリキュールは、スピリッツ(蒸溜酒)に果実や薬草、香草などで風味づけをして甘みを加えた混成酒。サントリー「こだわり酒場のレモンサワーの素」が、ソーダで割るだけで手軽にレモンサワーを楽しめることで人気になっている。

 新型コロナウイルスの感染が拡大した20年2月から5月にかけて、トップ10にランクインした食品カテゴリーを見ると、巣ごもり生活の変化がうかがえる。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する