大東建託が実際にその街に住む人に「居住満足度」を聞いた「街の住みここち」ランキング。2020年5月20日、約1年をかけて全国を調査した結果を分析し、総論として発表した。見えてきたのは「住みここちのいい街」と人口増加の相関関係だ。

広尾駅(東京メトロ日比谷線)。「居住者からは『交通利便性』『生活利便性』『イメージ』が高く評価された」(大東建託)
広尾駅(東京メトロ日比谷線)。「居住者からは『交通利便性』『生活利便性』『イメージ』が高く評価された」(大東建託)

大都市では「ターミナルに近いが閑静な駅」が人気

 大東建託が2019年2月から公表している「街の住みここちランキング」。住民の声を「居住満足度」として数値化することで、引っ越しを検討する人の参考にしてもらう目的でスタートした。

 首都圏版を皮切りに、約1年をかけて、全国1896の自治体に居住する20歳以上の男女18万4193人を対象に調査。「親しみやすさ」「静かさ・治安」「交通利便性」「生活利便性」「イメージ」など、「総合評価」を含む住みここちに関する全56項目の回答をポイント化して駅別に集計し、「関西版」「福岡版」などの地域別ランキングや沿線別のランキングを次々に発表している。20年5月20日にはその調査結果を分析し、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング 2019〈総評レポート〉」として公開した。

 「首都圏や関西、東海などの大都市圏では、ターミナル駅から少し離れた駅で、閑静かつ生活利便性が高い駅の居住満足度が高い」と大東建託 賃貸未来研究所の宗健所長は話す。

 首都圏版のランキング1位は広尾駅(東京メトロ日比谷線)。JR山手線が走る恵比寿駅までは電車で1駅と都心へのアクセスが良く、駅周辺には商店街もあるが、駅から少し離れると閑静な住宅地が広がる。2位の市ケ谷駅(JR中央本線)も新宿駅に程近いが、駅の西側に位置する市谷砂土原町は明治時代から続く山手の高級住宅地として知られている。また、3位の北山田駅(横浜市営地下鉄グリーンライン)は港北ニュータウンの一角という位置付けだが、駅周辺は閑静なうえ、大型商業施設が立ち並ぶセンター北駅から1駅と利便性が高い。

 関西版1位の兵庫・夙川駅(阪急神戸本線、甲陽線)は大阪の中心地である梅田駅まで20分弱、神戸三宮駅までも10分程度とアクセスが良く、駅周辺を流れる夙川や、川に沿って続く桜並木のある落ち着いた環境が幅広い世代に評価されている。東海版1位の愛知・星ケ丘駅(名古屋市営地下鉄東山線)は名古屋駅や栄駅までも乗り換えなしでアクセスできて利便性が高いが、駅周辺には東山動植物園や大学などを有する緑豊かなエリアだ。

 「一方、地方都市では、生活利便性が良い中心部に加えて、近郊の新興住宅地への評価が高い傾向があった」(宗所長)