近藤芳正氏、相島一之氏、吉田羊氏ら俳優陣がオンライン会議ツール「Zoom」でつながって三谷幸喜氏の傑作戯曲「12人の優しい日本人」を読み合わせし、YouTubeでライブ配信するという試みが2020年5月6日に行われた。当日は1万5000人以上が視聴。このチャレンジのきっかけや裏側を、発起人である俳優の近藤芳正氏に聞いた。

「12人の優しい日本人を読む会」では、俳優陣が自宅からZoomで参加してリモートで1本の戯曲を読み合わせし、それをYouTubeでライブ配信した。5月末までアーカイブ配信もしている
「12人の優しい日本人を読む会」では、俳優陣が自宅からZoomで参加してリモートで1本の戯曲を読み合わせし、それをYouTubeでライブ配信した。5月末までアーカイブ配信もしている

 新型コロナウイルスの感染拡大とそれに伴う企業・団体への営業自粛要請。その影響は演劇にも及んでいる。劇場は一時閉鎖され、数々の公演が中止または延期になった。俳優や演出家、美術や照明、衣装などを担当するクリエイターも活動自粛を余儀なくされている。

 そんな中、「こういう時期だからこそできることを」と新たなチャレンジも生まれている。その1つが、2020年5月6日に行われた「12人の優しい日本人を読む会」だ。13人の俳優がオンライン会議ツール「Zoom」を使い、それぞれの自宅から1本の戯曲を読み合わせる。それをYouTubeでライブ配信するというものだった。

 「12人の優しい日本人」は、演劇ファンにはよく知られる三谷幸喜氏の傑作戯曲だ。1990年に自身が主宰する劇団・東京サンシャインボーイズのために書き下ろし、同年、91年、92年と上演。劇団の公演以外にも、中原俊監督によって映画化されたり(91年製作)、2005年にパルコプロデュースで上演されたりしてきた。日本に裁判員制度がなかった1990年に「もしも日本に米国のような陪審制があったら」という架空の設定を取り入れた斬新な密室法廷劇だ。

 今回の取り組みは、三谷氏の許可を得た俳優・近藤芳正氏が、相島一之氏、西村まさ彦氏、梶原善氏ら東京サンシャインボーイズ時代の92年公演のキャストに声かけして実施したもの。欠けたキャストは吉田羊氏ら、演劇仲間が買って出た。

 当日は途中休憩をはさみ、前編、後編の2回に分けて配信。1万5000人以上がライブで視聴し、YouTubeやTwitterには熱演をたたえるコメントがあふれた。好評を受け、5月末までYouTubeでアーカイブ配信もしている。

・関連リンク(クリックで別ページへ):「12人の優しい日本人を読む会」公式サイト

 過密スケジュールの中、人気俳優が多数集まったこの取り組みをどう実現させたのか。発起人の近藤氏に話を聞いた。

「12人の優しい日本人を読む会」発起人の近藤芳正氏。この日もZoomでのインタビューとなった
「12人の優しい日本人を読む会」発起人の近藤芳正氏。この日もZoomでのインタビューとなった

三谷氏もキャストも快諾

――まずは「12人の優しい日本人を読む会」が実現した経緯を教えてください。

近藤芳正氏(以下、近藤氏) 新型コロナウイルスの影響で予定していた仕事もなくなり、どうしようと思っていたところ、知人からチェーホフの「桜の園」の読み会に誘われました。ただ、このタイミングで「桜の園」は重いと思って。「もう少し軽いものにしない?」と言ったら、「三谷さんの『12人の優しい日本人』ができたらいいけど、権利的に難しいだろう」という話になったんです。「それなら僕が聞いてみるよ」ということで三谷さんに相談したら、許可をいただけました。

 どう実現するかを具体的に考え出したのはそれからです。最初に相島一之さんに声をかけたら「ぜひやりたい」と言ってくれました。他のキャストについても、まずは東京サンシャインボーイズの元メンバーに声をかけて、ダメだったら考えようということにしたんですが、結局、皆さん、参加してくれることになって。欠けている役は三谷作品でもおなじみの吉田羊さん、初めに「『12人の優しい日本人』ができたら」と言い出した芸術集団・Prayers Studioの妻鹿ありかさん、同団体の主宰者である渡部朋彦さんにお願いしました。

 演出は僕がやる案もあったけれど、若い人がいいんじゃないかということで、コメディー劇団・アガリスクエンターテイメントの冨坂友さんにお願いしました。彼は“三谷フリーク”で、しかもこれまでにZoomを使った様々な活動をしていたので、適任ということになったんです。