新型コロナウイルスの流行を受けたロックダウンの段階的な緩和策も発表された英国。生活はどう変わってきているのか。2019年秋からロンドンに住む、フリーランスアナウンサーの丁野奈都子氏がリポートする。

 主人の赴任にともない家族でロンドンに住み始めたのは2019年の11月。英国で新型コロナウイルス拡散の兆候が見られはじめたのは、それからわずか3カ月後。学校休校、外出禁止令、ロックダウン……慣れない生活の中、パニック買いなども起き、一時はどうなるのかと不安が募りましたが、今はスーパーマーケットの品ぞろえも通常に戻っています。

 先日、英国のボリス・ジョンソン首相は感染のピークは越えたとした上で、英国全土で行われているロックダウンについて、段階的に緩和する計画を発表しました。散歩やジョギングをする人、公園に出掛ける人も以前より増えてきている印象です。ただ、感染のリスクと隣り合わせの、緊張感のある生活は続いていて、日常生活もガラリと変わってしまいました。そんな中、ロックダウン以後にロンドンで生まれている、新たなサービスや試み、ムーブメントなどをお伝えしたいと思います。

1人が出れば1人が入るONE-IN ONE-OUT制。入り口に立つ店員の案内で1人ずつ入る
1人が出れば1人が入るONE-IN ONE-OUT制。入り口に立つ店員の案内で1人ずつ入る
小売店の店内の様子。前後の距離をとるため、通路にはテープが貼られている
小売店の店内の様子。前後の距離をとるため、通路にはテープが貼られている

 現在、在宅勤務中の主人は平日はビデオ通話で毎日リモート会議を行っています。その中でのある「変化」について話をしていたのですが……日に日に「丸刈り」になる人が増えているというのです。ある朝、突然、丸刈りになっている同僚がいて「どうしたの?!」とびっくりして皆が聞くと、「散髪に行けないからね、自分でバリカンで切ったんだよ! 案外、スッキリしたよ」などと話していたそうです。そうなんです! 執筆している5月18日時点はロックダウン中でもちろん理髪店も美容室もすべて休業中。自宅で自ら髪をカットしなければならず、バリカン(Hair clipper)が日用品を置くお店でも、Amazonなどのオンラインショッピングでもよく売れています。

 バリカンを使った自宅での「DIYカット」の方法を紹介するビデオチュートリアルもインターネットやソーシャルメディアの至る所に出ています。ただし……初めてのセルフカットは失敗する人も多いようで、そんな失敗談とともにBefore Afterの写真を載せた投稿なども見かけるほど。

 そんな中、先日、英国初のバーチャル理髪店がオープンしました。その名も「Lockdown Haircut」。YouTubeのDIYカットビデオを見て髪をカットし、大失敗した男性が、自身の苦い経験を生かし、Online Barberの立ち上げを決断したようです。

「Lockdown Haircut」のホームページ
「Lockdown Haircut」のホームページ
概要を紹介している動画ページ

 この男性は元経営コンサルタントで、同じ経歴をもつ友人と2人で、自らの専門技術を生かし、プラットフォームを作成。ロックダウン中のDIYカットで散々な髪形になる人たちを救い、少しでも気分良く過ごしてほしいという一心で始めたようです。

 バーチャル理髪店の概要は次の通りです。お客さんとプロの理容師をZoomでつなぎ、理容師が20分のセッションを行います。利用者は、バリカンとくし、ウェブカメラ付きのラップトップがあればOK。セルフカットでない場合は髪をカットしてくれるハウスメートと一緒に参加します。料金は15ポンド。理髪店には7.5ポンド、売り上げの一部はNHS(英国の国民保健サービス)に寄付される仕組みでチャリティーも兼ねています。これはNHSで働く新型コロナウイルスの最前線で闘う医療従事者のサポートをしたいと願う理容師さんたちが自ら申し出たということです。

 4月20日のオープン以降、1週間ほどで2000ポンド以上の寄付金が集まったそう。ロックダウン中のヘアカットのヘルプだけでなく、地元の理容師のサポートにもなり、NHSへの寄付にも貢献できる、一石二鳥にも三鳥にもなる取り組みです。

 かなりの人気のようで、現在、英国国内のみならずオーストラリアや米国、ドバイやインドからも予約が入るそうです! オンラインを活用したコミュニケーションは、世界中につながるワールドワイドなツールなのだと改めて実感します。

肉眼では見えない細かい部分まで鮮明な絵画

 現在、美術館や博物館、劇場など公共の施設は全てクローズになっていますが、世界有数のコレクションを誇るナショナルギャラリーや大英博物館なども数多くの収蔵品をオンラインで公開し、バーチャルツアーなども公開されています。そんな中、近くに住む友人が、「これは良い、オススメ!」と教えてくれたのが、アートローグという会社が主催する「西洋美術史オンライン講座」(4回コース35ポンド、6月からは75分40ポンドに変更)。ロンドン・ナショナルギャラリーのコレクションを中心に、現在公開されているウェブ資料を使って解説をしてくれます。マイクロソフトのTeamsを使って参加します。

 これまでは実際に美術館に出向き、参加者と共に美術史ガイドツアーを行っていましたが、閉館となったことで、オンライン講座の開講に踏み切ったそうです。日本からの参加者もいて人気の講座になっているのですが、そのお話の興味深いこと! さらに講師の方が絵画をズームインすると、肉眼では見えないような細かい部分まで鮮明に見ることができるのです。絵の中に描かれた人物が身にまとっているサテン生地のテカリや、毛皮のふわふわした毛先の繊細な描写などは、アップにするとリアリティーがあり、思わず画面に顔を近付けて見入ってしまいました。

 講師自身も拡大して初めて気付いた新たな発見があるというので驚きです。しかもそれが絵の重要なメッセージになっていたりもするのです。受講中は、全員が講座に集中できるよう、受講者は音声も画面もオフが基本のスタイル。家族で参加することができ、1歳の息子の泣き声を心配することもありません。オンライン講座がスタートした5月は100人以上の参加があり、英国のみならず、日本、米国、ドイツ、シンガポールなど世界中からアクセスがあったそうです。今後も状況を見ながら継続することを検討するとのことです。