外出自粛のあおりを受けて急激に認知を高めた「Zoom飲み会」。これに着目し、飲食店の店内写真をバーチャル背景用としてネットで販売し、各店舗を支援する取り組みが好評を博した。そのサイト「ONLINE PARTY MARKET」の仕掛け人に話を聞いた。

「ONLINE PARTY MARKET」が活動していた当時の模様。350軒を超える店舗が登録されていた
「ONLINE PARTY MARKET」が活動していた当時の模様。350軒を超える店舗が登録されていた

「オンライン飲み会」ブームに着目

 新型コロナウイルスの感染拡大による“外出自粛”で、一気にブームとなった「オンライン飲み会」。ビデオ会議システムなどを活用し、自宅に居ながらにしてオンライン上で集う“バーチャルな飲み会”だ。このムーブメントの裏に、臨時休業や営業時間の短縮を迫られた飲食店の苦境があることを忘れてはならない。

 そうした状況を受け、「お気に入りのお店が存続するために何かしたい」という思いから、マーケティング支援などを手掛けるラナンキュラス(東京・渋谷)などが、2020年4月12日から5月6日までの期間限定で始めたサービスが「ONLINE PARTY MARKET(以下、OPM)」だ。オンライン飲み会で使用するZoomなどのビデオ会議システムでは、自分の映像の背景にお気に入りの画像を選べる機能がある。これを使えばプライベート空間を他人に見せずに済むだけでなく、画像を工夫することで別の場所にいるかのような演出ができる。この「バーチャル背景」をネットで販売し、売り上げを飲食店の支援金に充てようというのがOPMの目的だ。

 OPMの特徴は、さまざまな飲食店の店内写真や店のロゴをバーチャル背景の画像に採用した点。価格は1店舗につき500円(税込み)。店舗からの依頼と画像の提供を受け、それをOPMに掲載して販売する。売り上げから1ダウンロード当たりの販売手数料73円(ネットショップ作成支援会社の決済手数料とサービス手数料)と振込手数料の実費を差し引き、残りを各店に還元する仕組みで、OPMとしての“もうけ”はゼロだ(振込手数料は飲食店負担)。

 ユーザーはこれを購入し、オンライン飲み会でバーチャル背景に設定することで、応援したい店の店内から参加しているかのような雰囲気を醸し出せる。同時にその店舗への支援にもつながるわけだ。もし画像の店舗が自分の“なじみの店”だったら、コロナ禍以前の、平和だった日常の一コマを演出できるに違いない。

 瞬く間に話題となったOPMには掲載依頼が殺到し、北は北海道から南は沖縄まで、登録店舗は350を突破。わずか25日間の“営業”だったが、延べ1884人のユーザーが画像を購入し、94万2000円を売り上げた。現在もショップは存在しているが販売は終了。「販売はしない」ことを了承してもらったうえで、希望する店舗に限り「SOLD OUT(売り切れ)」という状態で掲載を続けている。

現在はすべての店舗が「SOLD OUT」となっている。しかし今でも購入希望者からの問い合わせがあるという
現在はすべての店舗が「SOLD OUT」となっている。しかし今でも購入希望者からの問い合わせがあるという