JR東日本が46年ぶりに山手線の新駅として開業した「高輪ゲートウェイ」。建築家の隈研吾氏がデザインした駅舎が話題を呼んだが、和の景観に合わせ、デザインの視点で従来の駅舎にはない新しい工夫を加えたことは意外に知られていない。今までとは異なる色を用いた視覚障害者向けの誘導ブロックだ。

「高輪ゲートウェイ」駅の屋根部分には熱の反射率が高い材料を採用して、日射による内部の温度上昇を抑制。同材料の光の透過性も利用し、日中の照明電力量の削減にもつなげた
「高輪ゲートウェイ」駅の屋根部分には熱の反射率が高い材料を採用して、日射による内部の温度上昇を抑制。同材料の光の透過性も利用し、日中の照明電力量の削減にもつなげた

 「高輪ゲートウェイ」は「グローバルゲートウェイ品川」をコンセプトに、東京と世界をつなぐ玄関口として、「和」を感じるデザインになっている。例えば、屋根は折り紙をモチーフにした障子のように設計。駅構内の壁や床面などにも木材を多用した。駅舎に掲げた「高輪ゲートウェイ」の看板の書体も和を意識して明朝体にした。

駅舎の看板の書体は「和」のイメージで明朝体にしている
駅舎の看板の書体は「和」のイメージで明朝体にしている
プラットホームにある案内板の文字は、他の駅と同様にゴシック体を採用
プラットホームにある案内板の文字は、他の駅と同様にゴシック体を採用

 和の景観に合わせ、デザインの視点で従来の駅舎にはない新しい工夫を加えたことが今回、分かった。それが今までとは異なる色を用いた視覚障害者向けの誘導ブロックを設置したことだ。

 一般的にプラットホームの床面の色はコンクリートによるグレーのため、誘導ブロックは濃い黄色が多い。だが、今回は「クールイエロー」と呼ぶ、やや黄緑がかった黄色を採用した。プラットホームの床面を覆う木材の色との調和を図るためだ。

 クールイエローは東京大学を中心とした研究グループが17年12月22日に発表したもの。同グループにはLIXIL(リクシル)や日本興業、キクテック、大光ルート産業、DICカラーデザイン、特定非営利活動法人のカラーユニバーサルデザイン機構といった誘導ブロックメーカーやカラーコンサルティング会社が参加した。隈研吾氏も建築家の視点からアドバイスしていた。

プラットホームの誘導ブロックには「クールイエロー」を採用して、床面の木材の色と調和を図った
プラットホームの誘導ブロックには「クールイエロー」を採用して、床面の木材の色と調和を図った
駅構内の壁も木材を多用している
駅構内の壁も木材を多用している
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>