JR東日本が46年ぶりに山手線の新駅として開業した「高輪ゲートウェイ」。建築家の隈研吾氏がデザインした駅舎が話題を呼んだが、和の景観に合わせ、デザインの視点で従来の駅舎にはない新しい工夫を加えたことは意外に知られていない。今までとは異なる色を用いた視覚障害者向けの誘導ブロックだ。

「高輪ゲートウェイ」駅の屋根部分には熱の反射率が高い材料を採用して、日射による内部の温度上昇を抑制。同材料の光の透過性も利用し、日中の照明電力量の削減にもつなげた
「高輪ゲートウェイ」駅の屋根部分には熱の反射率が高い材料を採用して、日射による内部の温度上昇を抑制。同材料の光の透過性も利用し、日中の照明電力量の削減にもつなげた

 「高輪ゲートウェイ」は「グローバルゲートウェイ品川」をコンセプトに、東京と世界をつなぐ玄関口として、「和」を感じるデザインになっている。例えば、屋根は折り紙をモチーフにした障子のように設計。駅構内の壁や床面などにも木材を多用した。駅舎に掲げた「高輪ゲートウェイ」の看板の書体も和を意識して明朝体にした。

駅舎の看板の書体は「和」のイメージで明朝体にしている
駅舎の看板の書体は「和」のイメージで明朝体にしている
プラットホームにある案内板の文字は、他の駅と同様にゴシック体を採用
プラットホームにある案内板の文字は、他の駅と同様にゴシック体を採用

 和の景観に合わせ、デザインの視点で従来の駅舎にはない新しい工夫を加えたことが今回、分かった。それが今までとは異なる色を用いた視覚障害者向けの誘導ブロックを設置したことだ。

 一般的にプラットホームの床面の色はコンクリートによるグレーのため、誘導ブロックは濃い黄色が多い。だが、今回は「クールイエロー」と呼ぶ、やや黄緑がかった黄色を採用した。プラットホームの床面を覆う木材の色との調和を図るためだ。

 クールイエローは東京大学を中心とした研究グループが17年12月22日に発表したもの。同グループにはLIXIL(リクシル)や日本興業、キクテック、大光ルート産業、DICカラーデザイン、特定非営利活動法人のカラーユニバーサルデザイン機構といった誘導ブロックメーカーやカラーコンサルティング会社が参加した。隈研吾氏も建築家の視点からアドバイスしていた。

プラットホームの誘導ブロックには「クールイエロー」を採用して、床面の木材の色と調和を図った
プラットホームの誘導ブロックには「クールイエロー」を採用して、床面の木材の色と調和を図った
駅構内の壁も木材を多用している
駅構内の壁も木材を多用している

路面に設置して実験

 研究の狙いは、誘導ブロックにおけるデザインと視認性の両立だ。景観を重視する建築家やデザイナーの中には、鮮やかで目立つ色である現行の濃い黄色を避けようとする傾向があった。国土交通省のガイドラインなどによると、「視認しやすい黄色で、 周囲の路面と明確なコントラストを確保して敷設することが推奨されている」という。

 だが景観への配慮から路面と同じような色のブロックにしたり、白や黒、グレーといった無彩色にしたりする例もあった。突起だけをステンレスにしたブロックも出てきた。路面の色と同じような色では視力の低い人は認識しにくいが、周囲の景観ともできるだけ調和しやすくしたい。こうした課題を解決できる新しい色を探っていた。

 同グループは、鮮やかさや明るさ、色味などを変えたさまざまな黄色で誘導ブロックを試作した。延べ約100人の視力の低い人と延べ約50人の一般視覚者を集め、何度も評価実験を行い、最適な黄色を探し出そうと比較検討した。誘導ブロックのサンプルを室内に置くだけでなく、 実際に路面に敷設して退色や汚れが進んだ状態での見やすさも評価。そうした研究から生まれた色の一つがクールイエローだった。

 見た目には淡い印象があるものの、視力の低い人による視認性の評価は高かった。特に薄暗い夕方になると「とても見分けにくい」と評価した人の割合が、濃い黄色よりも少なかったという。

 開発した当時は、高輪ゲートウェイ駅への設置は念頭になかっただろう。新しい駅舎のコンセプトやデザインに応じて今回、採用したようだ。

無人コンビニや案内ロボットも登場

 デザインの視点だけでなく、最新のAI(人工知能)を活用し、駅の運営業務の効率化も推進。構内のコンビニを無人店舗にした他、案内用や清掃用、警備用などさまざまなロボットを投入した。

 JR東日本スタートアップ(東京・新宿)とサインポスト(東京・中央)の合弁会社のTOUCH TO GO(タッチトゥゴー、東京・新宿)は無人店舗の第1号店「TOUCH TO GO」を開業した。複数のカメラで来店客が手に取った商品をリアルタイムに認識し、商品と購入金額をパネルに表示。来店客は商品を持ったまま、出口でタッチパネルの表示内容を確認して支払いをする、いわゆる「ウォークスルー型」と呼ばれる形式の完全キャッシュレスの店舗運営にしている。

駅構内にある無人のコンビニ店舗「TOUCH TO GO」
駅構内にある無人のコンビニ店舗「TOUCH TO GO」
来店客は商品を持ったまま、出口でタッチパネルの表示内容を確認して支払いを済ませる「ウォークスルー型」。不慣れな客も多く、案内係が教えている場面も
来店客は商品を持ったまま、出口でタッチパネルの表示内容を確認して支払いを済ませる「ウォークスルー型」。不慣れな客も多く、案内係が教えている場面も

 案内ロボットは、顧客の質問を音声認識して自動的に回答。乗換案内などに役立っている。警備ロボットは構内を巡回する自律移動型で、カメラで不審人物などを認知すると警備員に知らせる、といった機能を備える。

駅構内にあるAIを活用した案内ロボット
駅構内にあるAIを活用した案内ロボット
駅構内を巡回する自律移動型の警備ロボット
駅構内を巡回する自律移動型の警備ロボット