新型コロナウイルス感染症への対策として、米国でもマスクの需要が高まっている。だが米国にはマスクを着ける習慣がなく、使い捨てマスクは簡単には入手できない。そこで布製マスクの簡単な作り方を指導したり、型紙が登場したりしている。

CDCサイトに掲載されているマスクの作り方。こちらはTシャツの裾を切り取るだけという簡単なもの
CDCサイトに掲載されているマスクの作り方。こちらはTシャツの裾を切り取るだけという簡単なもの

 2020年4月初旬にCDC(米疾病対策センター)が、無症状保菌者はマスクを利用すべきと発表して以降、マスクの需要が高まってきた。例えばCDCのサイトでは、どこの家庭にもある材料を使った方法を図解している。Tシャツを切ったりバンダナを折ったりするだけで作れ、裁縫は不要。手先が不器用な人にも作れそうだ。

これもCDCサイトに掲載されているマスク。四角いバンダナを折って輪ゴムを通す。コーヒーフィルターをマスクのフィルターとして利用する(cdc.gov)
これもCDCサイトに掲載されているマスク。四角いバンダナを折って輪ゴムを通す。コーヒーフィルターをマスクのフィルターとして利用する(cdc.gov)
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>