新型コロナウイルスの感染拡大は生産者に大きな被害を与えている。出荷できなくなった農産物に頭を悩ませている生産者も多い。そんななか、「無印良品」を展開する良品計画は、生花を生産者から直接買い取り、店頭で販売することによって生産者を支援し始めた。

「千葉県南房総の花」は1束約3本で各399円(税込み)。入荷予定は週1回。売り切れ次第その週の販売は終了する。無印良品 銀座のほか、無印良品 新宿、MUJI 新宿、無印良品 リヴィン光が丘、無印良品 リヴィンオズ大泉、無印良品 セブンタウン小豆沢、無印良品 イオン板橋でも販売中(変更の可能性あり)
「千葉県南房総の花」は1束約3本で各399円(税込み)。入荷予定は週1回。売り切れ次第その週の販売は終了する。無印良品 銀座のほか、無印良品 新宿、MUJI 新宿、無印良品 リヴィン光が丘、無印良品 リヴィンオズ大泉、無印良品 セブンタウン小豆沢、無印良品 イオン板橋でも販売中(変更の可能性あり)

式典中止で廃棄予定の花を直接仕入れ

 無印良品 銀座で2020年4月17日から販売を開始した「千葉県南房総の花」は、バラやヒマワリ、ユーカリ、テマリソウなどの花を3本1セットにしたもの。花の種類は天候や生産の状況によって変わる。4月25日からは無印良品 新宿、MUJI 新宿などの6店にも取り扱いを拡大している。

 取り扱う花は千葉県南房総地域の花卉(かき)生産者から直接仕入れている。同地域は温暖な気候を生かした花の生産が盛んだ。だが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために卒業式や入学式、各種イベントなどが中止されたことで、出荷先がなくなって廃棄せざるを得ない花も出てきた。

 良品計画は千葉県鴨川市で運営するカフェや直売所などを設けた施設「里のMUJI みんなみの里」を通して、同地域の花卉生産者との交流があった。そこで、「廃棄ロスを軽減するために直接仕入れして店頭販売することを思いつき、約3週間で発売するに至った」と良品計画 食品部の嶋崎朝子部長は話す。

無印良品のグラスやボウルを使った花の飾り方を提案

 仕入れの事情などもあり、生花店のように大量の種類の花を展開することはできない。そのため、「無印良品」ブランドのグラスやボウルを使った花の飾り方を店頭で紹介するなど、“無印良品らしさ”で訴求する。購入者からは、「ニュースで花が余っていることを知り、気になっていた」「休業している生花店も多いため、無印良品の店頭で花が買えてうれしい」という声が寄せられているという。

 「店舗スタッフからも『花を扱うことで気持ちが明るくなった』という意見が上がってきた。生産者の支援になるだけでなく、スタッフのモチベーション向上にもつながったのではないかと考えている」(嶋崎部長)

 今のところ、この取り組みは東京の店舗のみの展開。だが、無印良品は全国に店舗を持つ。今後の展開は未定だが、「関西の店舗で関西エリアで生産された生花を販売する可能性もある。店舗の近隣エリアの課題解決を目標として動いていきたい」と嶋崎部長は語る。

(写真提供/良品計画)