2020年夏、米サンフランシスコを拠点とするb8ta(ベータ)の「体験型店舗」が日本にも登場する。好立地の店舗に低コストで商材を展示できる体験型店舗は、スタートアップ企業や、D2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)ブランドにとって飛躍の場となり得るか。b8ta日本法人のトップに聞いた。

b8taが運営する体験型店舗。スタートアップ企業やD2Cブランドが出品する最先端のテクノロジーやユニークな商材との出合いを体験できる場となっている
b8taが運営する体験型店舗。スタートアップ企業やD2Cブランドが出品する最先端のテクノロジーやユニークな商材との出合いを体験できる場となっている

米国発の体験型店舗サービスが日本に進出

 米国で多数の「体験型店舗」を展開してきた米b8ta(ベータ)が日本に進出、有楽町電気ビル(東京・千代田)と新宿マルイ本館(東京・新宿)の2店舗をオープンする予定だ。b8ta Japan(ベータ・ジャパン、東京・千代田)カントリーマネージャーの北川卓司氏は「新型コロナウイルスの影響でオープンのタイミングが難しいが、2020年の夏が目標」と話した。

 b8taの収益モデルは、商材を展示する区画(約60×40センチメートル)を月額(税別30万円前後)で貸し出すサブスクリプション型で、来店客の回遊分析など詳細なマーケティングデータを出品者にフィードバックするのが特徴。これは、小売業者やメーカーに向けたB2Bサービスであることから「RaaS(リテール・アズ・ア・サービス、サービスとしての小売り)」と呼ばれている。体験型店舗の目的は商材の販売ではなく、来店客に「発見と体験」を提供することだという。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>