SNS内のコンテンツがテキスト中心のものから動画へと移行し、女子高校生はアプリを使いこなして動画を作成している。特に誕生日や卒業式などの記念日には、手作り動画をInstagramに投稿してお祝いし合う。今回はそんな女子高生の実態をリポートする。

楽しい思い出づくりの期間が2020年は…… ※画像はイメージです(写真提供:ふじよ/PIXTA)
楽しい思い出づくりの期間が2020年は…… ※画像はイメージです(写真提供:ふじよ/PIXTA)

“振り返り”を動画にまとめて投稿

 学年の締めくくりとなるこの時期、女子高生たちは思い出づくりにいそしむはずだった。しかし新型コロナウイルス対策で休校になり、突然学年が終了、もしくは卒業となった。SNSには「#LJK終了」「#JKブランド終了のお知らせ」などのハッシュタグ付きで、休校を悲しむ投稿が目立った。

 ちなみに「LJK」の「L」とは、「JK(女子高生)」の学年を示し、「Last JK」、すなわち高校3年生の意味だ。1年生は「FJK(First JK)」、2年生は「SJK(Second JK)」と表記する。これらは女子高生たちがよく使うハッシュタグだ。

 この時期、いつもなら「制服ディズニー」と称して制服姿で東京ディズニーリゾート(TDR)へ行ったり、プリクラで制服の写真を撮ったりしている女子たち。しかし2020年の現在、TDRは休園、「プリクラ」は休業の店舗もあり、大切な思い出づくりが思うようにできない……。

 ところが、彼女たちは元気だ。クラスや学校の友達と会えなくなってもSNSがある。LINEの通話やビデオ通話で会話をし、Instagramのストーリーズにある「質問」や「アンケート」などのスタンプでやり取りしている。Zenlyでお互いの位置情報が分かる相手とは、「もう3日家から出てないよね」とからかい合うなど、スマホのおかげで24時間つながっていることが救いになっているのだ(関連記事「『Zenly』で友達に位置情報を全見せ 女子高生など若者が夢中」)。

 そして、空いた時間を動画作成に費やしている女子もいる。これまでの“振り返り”を動画にまとめて、SNSに投稿するのだ。

音楽に合わせて思い出動画を作る

 女子高生は誕生日のお祝いや卒業、学年の締めくくりなど、何かの記念に動画を作成する。誕生日なら相手と自分が写っている過去の写真や動画を、スライドショーのようにつなぎ合わせ、友情をテーマにした楽曲をBGMにする。曲のリズムに合わせてタイミングよく画面を切り替えたり、字幕を1文字ずつ足したりと、その手間をいとわないまめさ、アイデアには脱帽する。

 卒業シーズンにはクラスの友人や行事の写真と動画、先生への感謝のメッセージを含めて動画を作成する。その際、画像加工や動画編集はスマホアプリのみで行う。

 加工アプリは「PicsArt(ピクスアート)」が人気だ。米サンフランシスコに本社を構えるPicsArt社は2012年に創業。20年1月現在、全世界におけるアプリの累計ダウンロード数は7億超、月間アクティブユーザーは1.4億人と発表されている。19年に全世界でダウンロードされたアプリランキングで第14位となった(米SensorTower調べ)。20年3月10日現在、App Storeの「写真/ビデオ」無料ランキングで7位に入っている。人物の切り取りや手書き加工など、若者が好む加工が簡単にできるのが高い人気の理由。静止画だけでなく、動画も加工が可能だ。

画像加工といえば「PicsArt」が女子高生に人気
画像加工といえば「PicsArt」が女子高生に人気

 動画編集アプリ「InShot」や「Perfect Video」、iOS標準の「iMovie」もよく使われている。自撮りに関しては「プリクラ」で撮影した画像が使われることが多いが、日常的な撮影では「SNOW」や「SODA」といった美肌加工アプリの人気が高い。