ソフトバンクは2020年3月5日、次世代通信「5G」の商用サービスを3月27日に開始すると発表した。対象機種を購入すれば5Gを使うための追加料金は2年間無料としたが、体験できるエリアはかなり限定的だ。まもなくNTTドコモやKDDIも5Gサービスを発表する。いよいよ本格的な5Gのサービス競争が始まった。

ソフトバンクは2020年3月5日、5Gの商用サービスに関する発表会を開催。新型コロナウイルスの影響でオンライン配信のみでの開催となったが、AKB48のメンバーやプロバスケットボールの田臥勇太選手が登壇するなど華やかな内容だった。
ソフトバンクは2020年3月5日、5Gの商用サービスに関する発表会を開催。新型コロナウイルスの影響でオンライン配信のみでの開催となったが、AKB48のメンバーやプロバスケットボールの田臥勇太選手が登壇するなど華やかな内容だった。

5Gの特性を生かした新サービス「5G LAB」

 2020年3月5日、携帯キャリア大手3社の中で、いち早く5Gの商用サービス開始時期を発表したソフトバンク。3月27日に始まる新サービスの目玉は、5Gの特性を生かした新しいエンターテインメントやスポーツの体験を提供するコンテンツ配信サービス「5G LAB」だ。

 5G LABで提供されるサービスは大きく4つある。1つはAR(拡張現実)技術を利用して、アイドルやスポーツ選手、各種キャラクターなどをスマートフォンのカメラに登場させることができる「AR SQUARE」。また、従来のVR(仮想現実)映像配信サービス「LiVR」をベースに内容を大幅に拡大した「VR SQUARE」は、VRによる臨場感あふれる映像が楽しめるものとなっている。「FR SQUARE」は、コンサートや試合のライブ映像を複数の視点から視聴できる多視点映像配信サービス。FRとは「Free view point Reality」の略だ。以上3つを合わせた「5G LAB ベーシック」の利用料は月額500円(税別)。

「AR SQUARE」を体験するAKB48のメンバー。ARフィギュア化されたアイドルやスポーツ選手などと、スマートフォンを通じて一緒に撮影し、SNSに投稿することもできる
「AR SQUARE」を体験するAKB48のメンバー。ARフィギュア化されたアイドルやスポーツ選手などと、スマートフォンを通じて一緒に撮影し、SNSに投稿することもできる

 「GAME SQUARE」は先述の3つのサービスとは別料金で、利用料は月額1800円(税別)。こちらは米エヌビディアのクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW」をソフトバンクが日本で提供する「GeForce NOW Powered by SoftBank」のことを指す。同サービスは以前からベータテストが実施されていたが、5Gのサービス開始に合わせて正式版の提供となる。

「GAME SQUARE」ではクラウドゲームの「GeForce NOW」を提供。400以上のゲームが楽しめる
「GAME SQUARE」ではクラウドゲームの「GeForce NOW」を提供。400以上のゲームが楽しめる