ジェイアール京都伊勢丹が1997年の開業以来最大規模となるリニューアルを行い、2020年2月26日にオープンした。地下1階~5階の食品、婦人ファッションフロアを順次再編。海外のハイブランドを多数導入した他、化粧品売り場を約2倍に拡充するなど攻めの戦略で、新たな顧客の獲得を目指す。

年間約2300万人が来店するジェイアール京都伊勢丹の2階メインエントランス左手には、京都最大のティファニーと百貨店が得意とするシーズン雑貨を配置し、入店を誘う
年間約2300万人が来店するジェイアール京都伊勢丹の2階メインエントランス左手には、京都最大のティファニーと百貨店が得意とするシーズン雑貨を配置し、入店を誘う

特選売り場は前年比2倍近くの売り上げを想定

 「京都のゲートウエイである京都駅にふさわしい、世界基準で評価される百貨店を目指そうと、2年以上かけて作ってきた。革新性、話題性のあるモノ、コトを発信する伊勢丹のMD力と、JRの強みである集客力をもう1回磨き上げ、百貨店の価値を最大限発揮していきたい」――。リニューアルオープンのセレモニーで、ジェイアール西日本伊勢丹の浅田龍一社長は“世界基準の百貨店”を強調し、攻めの姿勢をアピールした。

 浅田社長が繰り返し口にした“世界基準の百貨店“とは何か。それは訪日外国人客を含む、国内外の顧客を満足させる品ぞろえとサービスを提供する店舗に他ならない。今回のリニューアルでは、2~5階の婦人ファッションフロアの大刷新に着手。とりわけ大幅な再編に取り組んだのが、「インターナショナルブティック(特選売り場)」と「化粧品」の売り場だ。

 海外のラグジュアリーブランドが軒を連ねる特選売り場は、1階のワンフロアから2、3階へと3層に拡大。新設の13ブランドを含めてラインアップが倍増した。2階の正面玄関すぐの場所に、19年12月、京都最大の「ティファニー」がオープンした他、20年2月には京都初の「クリスチャン ルブタン」や「グッチ」「ヴァレンティノ」「ジミー チュウ」などバッグとシューズが充実したブティックを導入。「サンローラン」「バーバリー」「マルニ」「メゾン マルジェラ」「モンクレール」といった人気のハイブランドは、メンズ・レディースの複合ショップで出店している。

 海外のハイブランドは、これまで京都の中心部にある老舗百貨店に集中しており、ジェイアール京都伊勢丹が導入できるブランドは限られていた。そのため商圏エリアである滋賀や京都南部の客は、大阪の百貨店などに流れていた。今回、一足先に19年11月に特選売り場を一部改装オープンしたところ、館全体で新規客が増えたという。さらにアジアを中心としたインバウンド客の増加も見込まれ、「特選売り場の初年度の売り上げは2倍近い伸びを想定している」と、担当バイヤーの西村康佑氏は話す。

訪日外国人観光客の利便性を高めるため、免税カウンターもリニューアル。自動免税機を4台導入し、免税手続きのスピードアップを図った
訪日外国人観光客の利便性を高めるため、免税カウンターもリニューアル。自動免税機を4台導入し、免税手続きのスピードアップを図った

 同店のインバウンド比率は約9%。京都市内の百貨店の中では最も低い。免税対象外の食品の売上比率が高いからだが、特選売り場と化粧品は25~30%を占めるという。今回のリニューアル効果で19年12月からインバウンド客が増え、館全体の免税売り上げが京都四条の百貨店を超えた。新型コロナウイルスの問題が解決すれば、「インバウンド比率は10%を超えるだろう」(浅田社長)と予想する。

京都地区最大の化粧品売り場誕生

 インバウンド需要が高い2階化粧品売り場は面積を倍増し、京都地区最大規模となった。京都初出店となる3ブランドを含めた18ブランドが新たに加わり、取り扱うブランド数は40ブランドに拡大。顧客の関心に合わせた4つのゾーンで構成し、トータルビューティーをかなえるコスメフロアに生まれ変わった。

 注目は2階エントランスの右手に新設された「メイクゾーン」だ。「アディクション」「スック」「トム フォード ビューティ」など最先端のメイクブランドを集積。ワクワクした気持ちでメイクを楽しめるよう、照明や音響を駆使し、スタジオのような世界観のある空間を作り上げた。売り場は少し離れるが、19年に日本初上陸した米カリフォルニア生まれのメーキャップブランド「トゥー フェイスド」も京都初出店となった。

2階化粧品売り場は面積が倍増したほか、18ブランドが新たにオープンし、京都地区最大級に。照明や音響を駆使してスタジオ感を演出した世界基準のメイクゾーン
2階化粧品売り場は面積が倍増したほか、18ブランドが新たにオープンし、京都地区最大級に。照明や音響を駆使してスタジオ感を演出した世界基準のメイクゾーン

 美容機器ゾーンにはエアーテクノロジーを駆使したヘアドライヤーなどを扱う「ダイソンヘア」が京都初出店。美容機器大手の「ヤーマン」も京都市内の百貨店に初出店した。売り場のスタッフが製品の使用方法やヘアスタイリングのアドバイスを行い、その場で体験できるのも魅力だ。

スキンケア、ヘアケアの最新美容機器を取りそろえた美容機器ゾーンには、ダイソンヘアとヤーマンが出店。ダイソンのヘアカーラーやドライヤー、ヤーマンのIoT美顔器など新製品を体験できる
スキンケア、ヘアケアの最新美容機器を取りそろえた美容機器ゾーンには、ダイソンヘアとヤーマンが出店。ダイソンのヘアカーラーやドライヤー、ヤーマンのIoT美顔器など新製品を体験できる

 また「スキンケアゾーン」は広くゆったりとした空間にソファなどを設置。専門的な肌測定やカウンセリングなど、顧客一人一人に対して丁寧な接客サービスを提供できる環境が整っている。

 フロアの奥には完全予約制のプライベートなお手入れルーム「コスメティック キャビン」を完備。ブランドの垣根を越えてアドバイスができるコンシェルジュも3人在籍する。単にブランドを集積するだけではなく、イベントスペースで新しいビューティーの提案をしたり、メイクの楽しさを体験できる空間にしたり、従来とは一線を画す化粧品売り場になっているのが特徴だ。

化粧品売り場の奥にはプライベートでラグジュアリーな時間を過ごせるお手入れルーム「コスメティック キャビン」を新たに設置。美肌づくりのサポートを強化した
化粧品売り場の奥にはプライベートでラグジュアリーな時間を過ごせるお手入れルーム「コスメティック キャビン」を新たに設置。美肌づくりのサポートを強化した
2階メイクゾーンの前には、新製品のデモンストレーションスペースを配置。イベントを通して製品の使い方のアドバイスや新しい美容方法などを提案
2階メイクゾーンの前には、新製品のデモンストレーションスペースを配置。イベントを通して製品の使い方のアドバイスや新しい美容方法などを提案