2020年1月24~26日に幕張メッセで開催された対戦格闘ゲームの祭典「EVO Japan 2020」。3回目となる今回は、昨今のeスポーツの盛り上がりを象徴するような出来事が2つあった。1つは有料を含む観戦者数の増加、もう1つはこれまでeスポーツと距離を置いていた任天堂の動きだ。

1月24~26日に幕張メッセで開催された対戦格闘ゲームの祭典「EVO Japan 2020」。写真は『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』の大会
1月24~26日に幕張メッセで開催された対戦格闘ゲームの祭典「EVO Japan 2020」。写真は『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』の大会

 「EVO Japan」は、米国ラスベガスで毎年8月に開催されている世界最大級の対戦格闘ゲームの祭典「The Evolution Championship Series」(EVO)の日本版だ。第1回となる「EVO Japan 2018」は1、2日目を東京・池袋で、3日目を東京・秋葉原で開催、翌19年のEVO Japan 2019は福岡で開催した。3回目となるEVO Japan 2020は幕張メッセに場所を移し、規模を大幅に拡大した。

 EVO Japanは、大会予選が中心の1、2日目と、人気タイトルの決勝が開かれる3日目で構成されている。本家のEVOはもともとファンコミュニティーから生まれたイベントということで、EVO Japanで行われるeスポーツの大会はすべてオープントーナメント方式。1、2日目に行われる予選は、事前に登録しておけば誰でも無料で参加できる(満12歳以上、満18歳未満は保護者の同意が必要)。一方、3日目は、その予選を勝ち抜いたプロ選手や熟練競技者などが集まるため、観戦を目的とする有料興行イベントに変わる。会場のレイアウトも一新。2日目まであった対戦用のゲーム機やモニターはすべて撤収され、観戦用の座席に入れ替えられる。

EVO Japanは大手企業がスポンサーを務めることでも知られる。試合開始前には大型ディスプレーにスポンサー企業のロゴがずらり
EVO Japanは大手企業がスポンサーを務めることでも知られる。試合開始前には大型ディスプレーにスポンサー企業のロゴがずらり

 競技に使う公式タイトルも、人気の高さ、コミュニティーの活発度、参加人数の多さなどで大会ごとに選定される。EVO Japan 2020では、『ブレイブルー クロスタッグバトル』『サムライスピリッツ』『ソウルキャリバーVI』『ストリートファイターVアーケードエディション』『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』『鉄拳7』の6タイトルが選ばれた。ちなみに、20年の8月にラスベガスで開催予定の本家EVOでは、発売されたばかりの『グランブルーファンタジー ヴァーサス』が新規に選出されたほか、20年前のタイトルである『MARVEL VS. CAPCOM 2 NEW AGE OF HEROES』が復活した。

参加者3万人超、8000円席がほぼ満席

 今回のEVO Japanで注目すべき点が2つある。1つは来場者数の増加だ。EVO Japanは誰もが参加できるイベントで、通常は参加人数に上限を設けていない。ただ、EVO Japan 2020では『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』の人気が高く、会場のキャパシティーの関係で3072人を上限に設定した。『ストリートファイターVアーケードエディション』も参加希望が1400人を超えるなど盛況で、全6タイトル合計の参加者は6000人超。観戦や応援、サイドイベントへの参加目的の来場者も加えると、3日間の総来場者数は約3万1000人に達した。同じ東京で18年に開催されたEVO Japanが1万4000人弱だったのに比べると大きく躍進している。

 しかも有料チケットが必要な3日目が盛況だった。前述のように、EVO Japanの3日目は興行的なeスポーツイベントとなり、観戦にはチケットが必要となる。チケットはステージからの距離に応じて3クラスあり、特別席が8000円、一般席が3500円、当日立ち見席が2300円(いずれも税込み)だった。

特別席(手前)と一般席(奥)の差はステージまでの距離。立ち見席はさらに後ろの最後尾となる
特別席(手前)と一般席(奥)の差はステージまでの距離。立ち見席はさらに後ろの最後尾となる

 3日目には『鉄拳7』『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』『ストリートファイターVアーケードエディション』の3タイトルの決勝トーナメントが行われ、1枚のチケットで全試合が観戦できた。最初から最後まで観戦すれば11時間前後。ただ、全タイトルのファンであることは珍しく、お目当てのタイトルだけ見る人が大多数と考えると、特別席の8000円はリアルスポーツと比べても高額の部類だろう。それでも観客が多数集まるところに、日本のeスポーツもいよいよショービズとしての地位が確立しつつあることを感じた。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>