米アップルのティム・クックCEO(最高経営責任者)が投資していることで知られるシリコンバレーのシャワーヘッド会社のネビア(Nebia)は2020年1月、キックスターターを通じたクラウドファンディングによって新製品「Nebia by Moen」を開発すると発表した。支援額は2月27日時点で約190万ドル(約2億650万円)を超えた。

 ネビアにはクック氏以外に米グーグル元CEOのエリック・シュミット氏、ウエアラブル端末で知られる米フィットビットの共同創設者のジェイムズ・パーク氏も投資している。

 ネビアのシャワーヘッドは、水が霧状になって噴射され、体全体を覆うのが特徴。使用する水量が一般の製品に比べて格段に少なく、水道料金が安く環境にも優しいという。創設は14年で、最初の製品は15年にキックスターターで300万ドルを集めて16年に発売したが、市場価格は650ドルとシリコンバレーの富裕層にしか手の届かない高値だった。新製品の開発では水回り製品のメーカーである米モーエンと組んでおり、安価な製品になるという。5月に発売予定で、市場価格は269ドルになる模様だ。

2020年1月にクラウドファンディングの資金集めがスタートした新製品「Nebia by Moen」。元のシャワーとの取り換えは簡単で、ねじも不要。製品化されると価格は269ドルになるという。マットブラック、ニッケル、クロームの3色で発売
2020年1月にクラウドファンディングの資金集めがスタートした新製品「Nebia by Moen」。元のシャワーとの取り換えは簡単で、ねじも不要。製品化されると価格は269ドルになるという。マットブラック、ニッケル、クロームの3色で発売
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

【新刊発売中】
書籍『マーケティング視点のDX』江端浩人著

DXが「デジタル化」で終わっていませんか?
DXをIT部門に“丸投げ”していませんか?
DXはマーケターの仕事です!
今こそマーケティング視点のDX(DX2.0)を進めよう

DX2.0の「4P」モデル(Problem、Prediction、Process、People)を提唱
国内外の企業事例(富士フイルム、ウォルマート、Zoom…)を10社掲載
「企業のDX診断」、今日から活用できる「DXワークシート」を収録
BP SHOPで購入する
アマゾンで購入する