日経クロストレンドは、技術、マーケティング、消費3分野の「トレンドマップ 2020冬」を作成した。一時の流行でなく、企業が中長期に注目すべきトレンド(潮流)を理解できるよう「将来性」と「現時点での経済インパクト」の2軸でマッピング。今回、急浮上した最新キーワードとは?

(写真/Shutterstock)
(写真/Shutterstock)

 「将来性」と「現時点での経済インパクト」の両スコアは、日経クロストレンドのメディア活動で協力を得る約50人のアドバイザリーボードのメンバーに加えて、日経クロストレンド、日経トレンディ編集部員へのアンケートを2020年2月に実施して算出した。

 編集部が選定した技術24キーワード、マーケティング25キーワード、消費25キーワードそれぞれを認知する人に、そのキーワードの現時点での「経済インパクト」と「将来性」を5段階で尋ね、1~5点でスコアリングしたもの(選択肢名など、詳細は記事最後に)。トレンドマップは右に行くほど経済インパクトが大きく、上に行くほど将来性が高い。2018夏、2019冬、2019夏に続く4回目の実施となる。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する

日経BPの戦略・ソリューション商品
予測・分析レポ―ト

新事業・サービスの開発や中期計画策定に役立つ

脱炭素、DX、次世代モビリティ、デジタル医療――。成長市場を知り、激変する時代の事業戦略を描くための確かな情報を、日経BPの専門メディアが総力をあげてお届けします。市場予測、独自調査による分析、未来に向けたロードマップなどがあらゆる産業で活用されています。またレポート各種を「書籍とオンラインサービスのセット」でご購入いただくと、資料の作成や検索に便利な「オンラインサービス」がご利用いただけます。まずは気になる商品の無料サンプルをぜひご確認ください。
日経BPの戦略・ソリューション商品はこちら