2020年2月5日に「2019年度 東京ビジネスデザインアワード」の公開プレゼンテーションが行われ、最優秀賞と優秀賞が決定した。同アワードは、東京都内でものづくりに携わる中小企業とクリエイターが協働し、新ビジネスを生み出すことを目的としたコンペティションだ。

最優秀賞の「新規培養技術による『酒づくりイノベーション』」(セルファイバ)
最優秀賞の「新規培養技術による『酒づくりイノベーション』」(セルファイバ)

 最優秀賞は「新規培養技術による『酒づくりイノベーション』」が獲得。医療系スタートアップ企業のセルファイバとヤフーのプランナー、清水覚氏、SHIMIZUDESIGNのデザイナー、清水大輔氏による提案だ。

 優秀賞は2点。1つは「『段ボール加工技術』から生み出す明かりの防災プロダクト」。段ボール加工を手掛ける坪川製箱所とYUJI YANAGISAWA DESIGNのデザイナー、柳沢祐治氏が提案した。もう1つは「ものづくりをアップデートする新サービスの提案」。最新IT技術でソフト開発などを行うアーク情報システムと、ヤフーのプランナー、清水覚氏による提案だ。清水覚氏は、最優秀賞と優秀賞のダブル受賞で、これは東京ビジネスデザインアワード初の快挙だという。

 同アワードは東京都が主催、日本デザイン振興会が企画・運営を手掛けている。12年から始まり、今回で8回目。18年に経済産業省・特許庁が発表した「デザイン経営」宣言より6年も前から、デザイン的アプローチで新しいビジネスを構築するという一貫した姿勢で、コンペティションを行っている。

発表会の様子。審査委員長のヒロタデザインスタジオ代表の廣田尚子氏、審査員はセメントプロデュースデザイン代表取締役の金谷勉氏、産業技術大学院大学学長の川田誠一氏、アイディーテンジャパン社長・CEOの澤田且成氏、日髙国際特許事務所所長の日髙一樹氏、ビームス創造研究所シニアクリエイティブディレクターの南馬越一義氏
発表会の様子。審査委員長のヒロタデザインスタジオ代表の廣田尚子氏、審査員はセメントプロデュースデザイン代表取締役の金谷勉氏、産業技術大学院大学学長の川田誠一氏、アイディーテンジャパン社長・CEOの澤田且成氏、日髙国際特許事務所所長の日髙一樹氏、ビームス創造研究所シニアクリエイティブディレクターの南馬越一義氏

 具体的には、デザインを活用して新しいビジネスを生み出したい都内の中小企業から、独自の優れた技術や素材などを公募し、コンペティションのテーマを選定。そのテーマに対して、クリエイターから新たな用途の開発や事業のデザイン提案を募り、中小企業とクリエイターをマッチングする。両者は約1カ月半でアイデアを形にして、公開プレゼンに臨むという流れだ。

 審査のポイントは、「実現性」「市場可能性」「デザイン性」「ビジネスプランの完成度」の4つ。公開プレゼン時に審査員からの質問で多かったのは、ロット数や小売価格のイメージ、商品の価値の伝え方など、ビジネスプランに関するものだった。

プレゼンテーションは5分間。その後、協働した企業の応援コメントと審査員からの質疑応答と続いた
プレゼンテーションは5分間。その後、協働した企業の応援コメントと審査員からの質疑応答と続いた
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>