リュック通勤者が増え、混雑した車内では「前持ち」が推奨される昨今。かばんメーカーのエース(東京・渋谷)は、前持ちで最も使い勝手がいいようにデザインしたビジネスリュックをアパレルブランドと共同開発した。家から会社まで「基本、前持ち」のリュックは新たなトレンドとなるか。

前持ちリュック「フロンパック」。フロント上部のポケットを開くとスマホトレイとなり、ハンズフリーで動画を楽しむのに便利
前持ちリュック「フロンパック」。フロント上部のポケットを開くとスマホトレイとなり、ハンズフリーで動画を楽しむのに便利

通勤リュック人気、スマホの普及で拍車

 2020年3月7日に発売する新製品は、エースのバッグ&ラゲージブランド「ace.」とアパレルブランドを手掛ける「SOPH.」(ソフ、東京・港)との初コラボ企画から生まれた前持ちリュック、その名も「フロンパック(FRONPAC)」。通勤時に混雑する車内でのマナー問題に端を発した「前持ち」というスタイルに着想を得て開発した商品で、「従来の概念を覆す、前に持つことを前提としたデザイン」が特徴だ。

 11年に起きた東日本大震災はビジネスパーソンの通勤スタイルにも大きな変化をもたらした。今や日常的な光景となった「リュック通勤」もその1つ。「歩きやすい格好で通勤しよう」という機運が高まり、服装のカジュアル化に伴いビジネスリュックの需要も右肩上がりに伸びているという。

 エースの場合、主要ブランドによる19年のビジネスリュック販売個数は、震災前年の10年と比べて12.8倍にまで拡大した。19年だけでも対前年140%と勢いは衰えていない。もはやビジネスリュックは一時的なブームではない定番と化しており、男性の通勤バッグの代名詞だった手提げ型ブリーフケースに取って代わりつつあるようだ。実際、ビジネスバッグを主力とするace.GENE LABEL(エース ジーン レーベル)の旗艦シリーズである「EVLシリーズ」の場合、ブリーフ対リュックの生産比率は16年時点で9対1だった。これが19年は6対5となり、今や生産量ではほぼ肩を並べるまでに成長している。

 ビジネスリュックの需要をここまで押し上げるのは、重い荷物を楽に運べるという理由だけではないだろう。「今は両手を自由にしたいというニーズが高まっている。スマートフォンの普及がリュック需要の背景にあるのでは」とエースマーケティング本部マーケティング部PR・広報担当チーフの森川泉氏は見る。総務省の「情報通信白書 平成30年版」によると、スマホの世帯保有率は10年は9.7%。これが17年には75.1%と飛躍的に伸びた。スマホの操作には、やはり両手が便利。その辺りの時代の変化も、ビジネスリュックの需要を後押ししたのは間違いないだろう。

基本が「前持ち」で、背負うこともできる

 最近のリュックの人気傾向は、マチ幅が10センチ以下の「薄型」。ペーパーレス化で書類はタブレット端末に集約し、パソコンも持ち歩かないようなミニマル志向を意識したデザインが特徴だ。その一方で出張にもリュックで赴く人や、ノマドワーカーにも便利な20リットル程度の大容量タイプもよく売れるという。薄型と大型の二極化、これが現在の顕著なトレンドだ。

フロンパック3型のうち一番薄いマチ幅6センチ、容量7リットルの最小型(No.62591)を前持ちする、エースマーケティング本部マーケティング部PR・広報担当チーフの森川氏
フロンパック3型のうち一番薄いマチ幅6センチ、容量7リットルの最小型(No.62591)を前持ちする、エースマーケティング本部マーケティング部PR・広報担当チーフの森川氏

 さて、backpack(背負う荷物)ならぬfrontpack(前持ち)を商品名に生かしたフロンパック。一時的に前に持つというのではない。家を出てから会社に着くまで、前持ちするのが基本だ。「背負っても通常のリュックと同じように使えるが、前持ちで最も使い勝手がいいようにデザインした」(森川氏)という従来品にない発想が見た目と機能を特徴づける。

 前持ちのメリットは混雑する車内で邪魔になりにくいとか、前方にスペースが確保できるので他の乗客とくっつかずに済むだけではない。財布などの小物が取り出しやすく、盗難防止になり、雨の日は傘からはみ出しにくい。さらに厚みが薄ければ階段の上り下りの際に足元が見やすくなる。今回発売する3タイプのうち、最薄型のマチはわずか6センチしかない。

 「通勤の途中、『この人は基本、前持ちだな』と思われる人が、既に都心部では増加傾向にある。フロンパックは『リュックを前に持つ』という新しい流れをいち早くとらえて、機能の前面に打ち出したチャレンジングな商品」とエースMD本部MD統括部マネージャーの吉原勇一氏は意欲を見せる。

男性向けに開発された前持ちの薄型リュック「フロンパック」。3タイプあり、価格は写真上から2万2000円、2万1000円、1万9000円(すべて税別)。エースの直営店とオンラインストア、伊勢丹新宿店で20年3月7日に発売予定
男性向けに開発された前持ちの薄型リュック「フロンパック」。3タイプあり、価格は写真上から2万2000円、2万1000円、1万9000円(すべて税別)。エースの直営店とオンラインストア、伊勢丹新宿店で20年3月7日に発売予定

リュックの前持ちは“服を着る”感覚に近い

 今回はメンズファッションを代表するブランドを手掛けるSOPH.とのコラボも特徴の1つだ。異分野のクリエイターと共同開発する狙いは何か。森川氏は「ブランドの価値向上にコラボレーションは欠かせない取り組みの1つ」と語る。エースとしてはプロダクトの幅を広げ、接点のなかった層に販路を広げ、認知度アップを狙っている。SOPH.と組んだのは「洗練された日常着に機能的な素材、形を取り込む表現が得意だから」と森川氏。ace.ブランドも機能を売りにしており、互いの機能が持つ親和性に期待している。

 「そもそもリュックは、ショルダーやブリーフとは大きく異なり、体とぴったり接する面積が極めて広い。最近のトレンドで“バッグを着る”みたいなファッションがあるが、リュックの前持ちも“服を着る”感覚に近いのではないか」(森川氏)

ポケットを開くと「スマホトレイ」として使える。歩きスマホを助長しないよう、トレイはあえて簡易的な作りにした。「立ち止まった状態での使用に適している」とのこと
ポケットを開くと「スマホトレイ」として使える。歩きスマホを助長しないよう、トレイはあえて簡易的な作りにした。「立ち止まった状態での使用に適している」とのこと

 フロンパックが「前持ち」の醍醐味を発揮するのは、フロント上部のポケットを開くと「スマホトレイ」として使えること。「基本、前持ち」だからこそ実現した機能で、SOPH.のアイデアから生まれた。例えば動画を見るのにスマホを手で持つ必要がない。2020年は次世代移動通信システム「5G」の実用化が始まり、東京五輪・パラリンピックも開催される。外出中の視聴や情報収集に便利だ。

黒いトレイ部には「SOPH.」のロゴが入った滑り止めが付いているのでスマホが安定する。上部にはスマートフォンの飛び出しを防ぐ芯材が入っている
黒いトレイ部には「SOPH.」のロゴが入った滑り止めが付いているのでスマホが安定する。上部にはスマートフォンの飛び出しを防ぐ芯材が入っている

 今回発売する3タイプのうち、2型はシンプルでスクエアな形状だが、1型は「洋服のように見せたい」というSOPH.の意図で「ベストっぽく見えるデザイン」になっている。「服のように着るバッグ」をイメージしたファッションブランドらしい発想が形になった。

服を着たように見える“ベスト感”が特徴的なフロンパック(No・62593)を前持ちするエースMD本部MD統括部マネージャーの吉原氏
服を着たように見える“ベスト感”が特徴的なフロンパック(No・62593)を前持ちするエースMD本部MD統括部マネージャーの吉原氏

 通常、リュックを前に持つと重みで肩からずり落ちやすいのが困る。この問題を解消するため、フロンパックではリュックハーネスのデザインと素材にこだわった。試作品を開発メンバーが着けて、最も心地よくフィットする「角度」を入念に調整しながら作り上げ、程よく滑りにくい素材を採用した。

 またポケットは前持ちの状態で使いやすい配置。右利きでも左利きでもモノが取り出しやすいように、左右どちらからでもアクセスできる。

前持ち状態でのずり落ちを防ぐため、リュックハーネスの角度を入念に調整。素材はメッシュ加工で程よく滑りにくい工夫を施した。滑らなすぎても洋服の生地を傷めてしまう
前持ち状態でのずり落ちを防ぐため、リュックハーネスの角度を入念に調整。素材はメッシュ加工で程よく滑りにくい工夫を施した。滑らなすぎても洋服の生地を傷めてしまう
かがんだときなどのズレ落ちを防ぐ着脱可能なウエストベルト。背負うときは胸の位置に付けてチェストベルトとしても使える
かがんだときなどのズレ落ちを防ぐ着脱可能なウエストベルト。背負うときは胸の位置に付けてチェストベルトとしても使える
ポケットは左右どちらからでも使いやすいほうからアクセス可能
ポケットは左右どちらからでも使いやすいほうからアクセス可能
フロントポケットの引き手は左右両方に開く
フロントポケットの引き手は左右両方に開く
左利きの人がちょっとしたモノを取り出す感じ
左利きの人がちょっとしたモノを取り出す感じ
内部にはタブレット端末の収納部を備える
内部にはタブレット端末の収納部を備える

“半歩先”を行くデザインや機能でけん引したい

 最近はアウトドアブランドがビジネスシーンに向けて販売するリュックも人気を集めているほか、インポートブランドのビジネスリュックを購入する人も多いという。迎え撃つエースの武器は、日本のビジネスパーソンが使いやすいバッグを長年にわたって研究してきたノウハウの蓄積だ。同社は家を出てどの程度の幅の改札を通り、都心はどれくらいの混み具合か、車内ではどう過ごすのかなど、一連の動線の中でバッグやリュックをとらえている。その中から出てきたのが、エースで初の本格的な前持ちリュックだった。

 「アウトドア系の高機能や海外で必要な防犯機能が、日常の通勤ではオーバースペックな側面もある。サイズ感、素材、デザインも含め、弊社は日本のビジネスシーンに適した機能を選定できることが強みと考えている」(森川氏)

「日本のビジネスシーンに適した機能を選定できることがエースの強み」と話す森川氏
「日本のビジネスシーンに適した機能を選定できることがエースの強み」と話す森川氏

 今はおしゃれな人がスーツで決めるビジネスリュック。フロンパックはそのちょっと先を行く。「前持ちは便利で良いことずくめ。若干、格好悪いのが懸念点だったが、それもファッションブランドとのコラボで払拭でき、スタイリッシュに仕上がった」と吉原氏も胸を張る。

フロンパックの右下に刺しゅうであしらったSOPH.のマーク
フロンパックの右下に刺しゅうであしらったSOPH.のマーク
両サイドにはace.とSOPH.のネームタグ入り
両サイドにはace.とSOPH.のネームタグ入り
迷彩柄を配したSOPH.限定モデル。価格は2万1000~2万4000円(税別)。SOPH.直営店とオンラインストア、伊勢丹新宿店で20年3月7日に発売予定
迷彩柄を配したSOPH.限定モデル。価格は2万1000~2万4000円(税別)。SOPH.直営店とオンラインストア、伊勢丹新宿店で20年3月7日に発売予定

 今後、エースのリュック企画で「前持ち」は標準仕様になるのだろうか。「市場では『前に持つ型』が徐々に増えていくかもしれないが、まだまだ背負うほうを主流に作っていくとは思う」と森川氏。それでも、今ではブリーフと肩を並べるほどリュックの需要が増えたように、「前持ちの便利さに気づいた人が増えれば、前持ちがリュックのスタンダードになる日が来るかもしれない」とも語る。

「ファッションブランドとのコラボで、格好悪い懸念点を払拭できた」と吉原氏
「ファッションブランドとのコラボで、格好悪い懸念点を払拭できた」と吉原氏

 市場にマッチする機能を模索し、積極的に取り入れて需要を喚起する。開発を推し進めるのは「“半歩先”を行くデザインや機能で市場をけん引するメーカーでありたい」(吉原氏)という強い思いだ。フロンパックは数量限定で販売。初回生産分を売り切るのが目標とのこと。勢いづくビジネスリュック市場にあって、半歩先を行く「前持ち」がビジネスパーソンの通勤シーンに新風を吹き込むかもしれない。

(写真/酒井康治、写真提供/エース)

この記事をいいね!する