「第2次キャンピングカーブーム」といわれる昨今、その人気を支えているものは何なのか。その真相を探るべく、2020年1月31日から2月2日までの3日間にわたって千葉・幕張メッセで開催された「ジャパンキャンピングカーショー2020」を取材した。

ボナンザが出展する「Jay Flight SLX 202QBW」。独立したトレーラータイプのキャンピングカー。けん引免許が必要だが、内装はとても豪華で快適。値段は418万円(税別)
ボナンザが出展する「Jay Flight SLX 202QBW」。独立したトレーラータイプのキャンピングカー。けん引免許が必要だが、内装はとても豪華で快適。値段は418万円(税別)

過去最大、ショーには3日間で6万6000人以上が来場

 都会の騒々しさから離れて自然の中でゆったりと過ごす。1990年代の前半から半ばにかけ、バブルの終焉(しゅうえん)と前後して起こったとされる第1次キャンピングカーブームはそんな「脱都会」が1つのキーワードだった。そして2019年頃から本格化したといわれる第2次キャンプブームに伴い、現在「第2次キャンピングカーブーム」を迎えているそうだ。

 キャンプ用品の進化も手伝い、より手軽さ、快適さが増していることに加え、日本各地に新たなキャンプ場が次々と作られ、ラグジュアリーな施設でアウトドアを楽しむ「グランピング」という新潮流も誕生している(関連記事「スノーピークがグランピングの最高峰ブランド 第1弾は八方尾根」)。19年4月にはスポーツ用品大手のアルペンが千葉県柏市に世界最大級のアウトドアショップ「Alpen Outdoors Flagship Store 柏店」をオープン(関連記事「デカトロンにも冷静 世界最大級の店舗で見せたアルペンの覚悟」 )。アウトドアでの遊びを題材にしたマンガやアニメ、YouTubeチャンネルも人気だ。SNSや動画メディアを通じてスタイルやノウハウを啓蒙するインフルエンサーたちの存在によって、より手を出しやすいものになっていることも特徴といえるだろう(関連記事「キャンプ動画が大当たり 貫き続けるヒロシに『ジャワティ』共鳴」)。第2次キャンピングカーブームはこのような多様化したアウトドアブームの一端と見ることができる。

 そうした追い風を受けたこともあってか、ジャパンキャンピングカーショー2020は3日間の来場者数が6万6000人を超える過去最大規模を記録した。

Jay Flight SLX 202QBWの室内。快適に過ごせそうだ
Jay Flight SLX 202QBWの室内。快適に過ごせそうだ
Jay Flight SLX 202QBWのトイレと洗面所。右手の見えない側には立派なシャワーブースがある
Jay Flight SLX 202QBWのトイレと洗面所。右手の見えない側には立派なシャワーブースがある
Jay Flight SLX 202QBWのベッドルーム
Jay Flight SLX 202QBWのベッドルーム

 キャンピングカー・ビルダーやディーラーが加盟する日本RV協会が19年7月に公開した調査結果によると、キャンピングカーの国内総保有台数は11万2500台を突破した。05年の時点では約5万台。そこから年間5000台前後のペースで増加を続けた結果なのだという。19年の数字は集計中とのことだが、18年よりも増加ペースはさらに上がっているのは確実とのこと。そもそもクルマを持つ人が減っている現状にあって、日常での実用性よりも趣味性に大幅に寄ったキャンピングカーの登録台数がより伸びているのが興味深い。「第2次キャンピングカーブーム」の訪れは数字として確実に表れているのだ。

 キャンピングカーブームを支えている層を世代別に見ると、50歳代が30.2%、60歳代が40.8%とシニア世代が大半を占めている(出所「キャンピングカー白書2018」)。子育てが一段落し、時間的、経済的な余裕が出てきた世代、退職後の余暇を過ごす楽しみを求めている人たちがブームを支える中心ということになる。「ペットを連れてどこにでも行ける」という点も、この世代の支持を得ている理由の1つだという。

 宿などの予約や宿泊費を必要とせず、また交通機関が整備されているかどうかにも左右されない自由度の高いプランが立てられ、ペットと一緒に旅ができる。釣りやマリンスポーツなど、趣味の拡大にも柔軟に対応できるのがキャンピングカーのメリット。アウトドアでの遊びや旅行の楽しさを知る者にとって、プライベートな空間をそのまま旅先へと持ち込めるキャンピングカーは魅力が詰まっているのだ。