SNSやネットが発達した今、それらを駆使し自ら発信することで、ファンや仕事を獲得し活躍する若きクリエイターが増えている。その1人が新井リオ氏だ。彼は独学で英語を学び、国内外でフリーランスのデザイナー・イラストレーターとして活躍。彼らの議論から4つのキーワードが浮かび上がった。

イベントは新井リオ氏の著書「英語日記BOY 海外で夢を叶える英語勉強法」(左右社)の刊行を記念し開催。左から牧野圭太氏、辻愛沙子氏、新井リオ氏
イベントは新井リオ氏の著書「英語日記BOY 海外で夢を叶える英語勉強法」(左右社)の刊行を記念し開催。左から牧野圭太氏、辻愛沙子氏、新井リオ氏

 新井氏は「英語日記を書き続け、英語が話せるようになった人」だ。独学で英語を学び、自身が生み出した“英語日記”という勉強法をつづったブログは、約2年で300万PVを達成した。Instagramでは実践している英語日記にイラストなどを付け公開し、それを基にしたグッズも製作。自身で“営業”をせず、インターネット経由の仕事依頼のみで生計を立てているという。

 2020年1月26日、東京・青山ブックセンターで開催されたトークセッションでは、新井氏がアイデアを考えるときに大切だと感じているキーワードを10個紹介しながら、“クリエイティブとは何か”を、カラス(東京・渋谷)CEOの牧野圭太氏とarca(アルカ、東京・渋谷)CEOの辻愛沙子氏の3人で議論した。以下が議論から浮かび上がった4つのキーワードだ。

クリエイターに必要なこと
・「自己理解」
 自分の適性を理解している表現者は強い


・「越境」
 越境すると“当たり前”が輝きだす


・「極端」
 意外とみんな極端になれない


・「泥臭さ」
 成功は想像以上に泥臭い

自己理解ができている人は強い

 1つ目のキーワードは、「自己理解」だ。新井氏は同書を完成させるまで約2年という期間を要したという。書き始めた当初は自身が学んだ英語学習法のみを詰め込む予定だったが、文章を書き進めていく中で、“笑いを取りたい”だとか、“心に響く感動的な言葉を入れたい”などの衝動に駆られ、「担当編集にもダメ出しをくらい、すべてを書き直した」と振り返る。

 そうした問題を明快にするため、本に向かう姿勢を一から見直し、笑いや感動の要素を一切排除して、“英語学習法を作る”ということだけに焦点を絞った。そこからは、迷うことなく一気に書き上げることができた。「クリエイティブな作業は時として割り切ることも大切。だから早い段階で自己理解ができている人は強い」(新井氏)

 これに辻氏は同調しつつ「個人の中にもダイバーシティーというものはある。だからこそ、そこにいる相手や場所、目の前にあるタスクに合わせて、自分のどういった部分を切り出すのかを、その都度冷静に検討すべきだ」とコメント。一方の牧野氏は「自分のことって意外と理解できていない。ふと掛けられた言葉で自らを理解することもある。今いる環境や、周りの言葉にきちんと耳を傾けることも大事」と説いた。

2016年カナダに渡って以降、フリーランスとして活動する新井氏。バンド・PENs+(ペンズ)のボーカルとして日本で4枚のCD、米国で1枚のレコードを発売したミュージシャンでもある
2016年カナダに渡って以降、フリーランスとして活動する新井氏。バンド・PENs+(ペンズ)のボーカルとして日本で4枚のCD、米国で1枚のレコードを発売したミュージシャンでもある

新しい景色を作るキーワードは「越境」

 2つ目のキーワードは、「越境」。タスク化された健康診断をなんとか楽しいものにしたいと19年10月、辻氏は自ら足を運びたくなる、インスタ映えする“健康診断フェス”を開催した。健康診断にまとわりつく義務感を少しでも減らすことを目的とし、写真映えするイベントを仕掛けた。会場に選んだのは結婚式場。これが注目を集めた。(関連記事「辻愛沙子が考える未来 『自分の軸を持って“越境”する』」)

 辻氏は同イベントについて「自分の中にある軸はぶらさずに、何と何を掛け算すると面白くなるのかを考え、越境させていく感覚は大切。凝り固まった概念を壊していけるのが、アイデアとかクリエイティビティーのできること。“インスタ映え”と“健康診断”はそれまで結びつかない関係性だった。しかし、そういったものをうまく掛け合わせることで、見たことのなかった景色をつくることができる」と振り返る。

 この意見に牧野氏は「アイデアは極端に言うと“常識”の対義語だと考えている。当たり前じゃないところの道を突き進む先に、この手があったかということが待っていたりもする」とコメントした。

クリエイティブディレクターで19年10月より報道番組「news zero」(日本テレビ)のレギュラーコメンテーターを務めるarcaCEOの辻愛沙子氏。女性の生き方や働き方などを発信するLadyknowsの代表としても活動する
クリエイティブディレクターで19年10月より報道番組「news zero」(日本テレビ)のレギュラーコメンテーターを務めるarcaCEOの辻愛沙子氏。女性の生き方や働き方などを発信するLadyknowsの代表としても活動する