イケア・ジャパン(千葉県船橋市)は米国の音響機器メーカーSonos(ソノス)と共同開発したWi-Fi(無線LAN)スピーカー「SYMFONISK/シンフォニスク」を2020年2月1日に発売した。人気メーカーがひしめくスピーカー市場に家具と音響、両社の強みを掛け合わせた商品で挑む。

「シンフォニスク」はテーブルランプWi-Fiスピーカー付きモデル(2万4990円・税込み)と、ブックシェルフ型Wi-Fiスピーカー(1万4990円・税込み)の2種類を用意。カラーバリエーションはいずれもブラック・ホワイトから選べる
「シンフォニスク」はテーブルランプWi-Fiスピーカー付きモデル(2万4990円・税込み)と、ブックシェルフ型Wi-Fiスピーカー(1万4990円・税込み)の2種類を用意。カラーバリエーションはいずれもブラック・ホワイトから選べる

場所を選ばず家のどこでも音楽を楽しめる

 イケアが家具やインテリアの知見を生かしたデザインを手掛け、そこにソノスの音響に関する技術と経験を注ぎ込んだのが「シンフォニスク」。スウェーデン語でシンフォニー=交響曲を意味する。音声認識機能は搭載していないが、ソノスが発売しているマイク搭載モデルと連携すればAmazon Alexaでの操作が可能。2020年内にはGoogleアシスタントにも対応する予定だ。

 スピーカーとスマホなどの再生デバイスとの接続はBluetoothではなく無線LAN。そのためストリーミング再生中の音楽の途切れや遅延、中断がなく、再生デバイスを持った人が部屋を離れてもそのまま音楽を楽しめる。

 タイプはテーブルランプ型とブックシェルフ型の2種類。テーブルランプ型は音響機器と照明機器を1つにまとめることで機器やコードの数を減らし、家の中をすっきりとした空間にすることを目指した。一方、ブックシェルフ型は縦でも横でも使用でき、別売りの専用アクセサリーを使えば壁に取り付けたり、イケアのキッチンレールに掛けたりすることも可能だ。

ブックシェルフ型だけに本棚にもすっきり収まる
ブックシェルフ型だけに本棚にもすっきり収まる
ブックシェルフ型をイケアのキッチンレールに取り付ければ、調理中でもより高音質で音楽を楽しめる
ブックシェルフ型をイケアのキッチンレールに取り付ければ、調理中でもより高音質で音楽を楽しめる

 イケアは17年にスマートホーム事業のさらなる拡充を目指し、ソノスとの提携を発表した。イケア・ジャパンコアエリアマネージャーの志村紗理氏は「イケアはホームファニッシングの知識は大変豊富だが、サウンドに関しては新しい分野への挑戦だった。一方のソノスはサウンドを家の中に溶け込ませる新しい方法を模索していた。いうなれば相思相愛の関係だった」と振り返る。

「ソノスとは相思相愛の関係だった」とイケア・ジャパンコアエリアマネージャーの志村氏
「ソノスとは相思相愛の関係だった」とイケア・ジャパンコアエリアマネージャーの志村氏

 イケアでは「より快適な暮らしを実現するものは何か」を追求するため、毎年、数千人を対象にした調査を実施している。実際に顧客を訪問して直接ニーズをヒアリングすることもあるという。その中でプライバシーを確保するために必要なことを調査した結果、「好きな音楽を聴くこと」という答えが60%に上ったという。イケア・ジャパンコマーシャルアクティビティ&イベントリーダーの早雲美菜氏は「シンフォニスクはそういった方々のニーズを満たしてくれるアイテム」と自信をのぞかせた。

イケア・ジャパンコマーシャルアクティビティ&イベントリーダーの早雲氏
イケア・ジャパンコマーシャルアクティビティ&イベントリーダーの早雲氏