音響機器メーカーが仕掛けるマーケティングとして、数年来のブームとなっているのがコラボレーションやタイアップだ。なかでもオンキヨーはアニメ作品などとのタイアップ製品企画を事業化し、2015年からの4年余りで約150作品とコラボしてきた。作品選びのポイントなどについて同社に話を聞いた。

アニメ作品とのコラボモデルを次々とヒットさせているオンキヨー。担当者が語った確実にファンに刺さるコラボとは…… (c)GIRLS und PANZER Film Projekt/GIRLS und PANZER Finale Projekt
アニメ作品とのコラボモデルを次々とヒットさせているオンキヨー。担当者が語った確実にファンに刺さるコラボとは…… (c)GIRLS und PANZER Film Projekt/GIRLS und PANZER Finale Projekt

音楽アニメ+人気声優=ライブ活動が成功の方程式

 創業73年の歴史を誇る音響機器メーカーのオンキヨーが、アニメ作品とのコラボレーションを始めたのは2015年。幕末を舞台に“志士(ロッカー)”たちの活躍を描いた人気ゲーム&アニメタイトル「幕末Rock」とのコラボモデルが最初だ。きっかけは幕末Rockを舞台化する際に、当時オンキヨーの筆頭株主だった楽器メーカー・米ギブソンのギターが使用されたことだった。

 ハウジングに坂本龍馬、高杉晋作、桂小五郎、土方歳三、沖田総司それぞれのモチーフを印刷加工したヘッドホンは、完全受注生産で2万6900円(税別・送料込み)という価格ながらオンキヨーの予想をはるかに上回る売り上げを記録した。「結果、コラボのパワーが社内で認知され、専門部署が設立された」と同社マーケティング部 クロスマーケティング課 エグゼクティブプロデューサーの亀井隆司氏は話す。以降、オンキヨーブランドおよびパイオニアブランドとして、アニメ作品とコラボしたイヤホンやヘッドホンが数多くリリースされている。

「幕末Rock」とのコラボモデルは当初、“ロック”に掛けて限定69台と発表されたが、「数が少なすぎる」というファンの声を受け、完全受注生産に切り替えられた経緯がある(現在は受注終了) (c) 2014 Marvelous.Inc/幕末Rock制作委員会
「幕末Rock」とのコラボモデルは当初、“ロック”に掛けて限定69台と発表されたが、「数が少なすぎる」というファンの声を受け、完全受注生産に切り替えられた経緯がある(現在は受注終了) (c) 2014 Marvelous.Inc/幕末Rock制作委員会

 「コラボするアニメは深夜放送枠で成功している、つまりコアなファンが多くいることが重要。かつ音楽をテーマにした作品。そして各キャラクターを演じる声優陣がユニットを組んでライブ活動をしていること」と亀井氏は言う。「ラブライブ!」シリーズ、「アイドルマスター」シリーズ、「BanG Dream!(バンドリ!)」シリーズなどはその典型だ。「コアなファンはコラボ製品を身に着けてライブ会場へ足を運ぶ」(亀井氏)。

オンキヨー マーケティング部 クロスマーケティング課 エグゼクティブプロデューサーの亀井隆司氏
オンキヨー マーケティング部 クロスマーケティング課 エグゼクティブプロデューサーの亀井隆司氏

 先述の「幕末Rock」に続いて手掛けた「ラブライブ!」では、作品に登場するスクールアイドルグループ「μ's(ミューズ)」のメンバー9人のオリジナルデザインを施したヘッドホンが記録的なヒットに。4コマ漫画が原作のアニメ「ご注文はうさぎですか??」とのコラボヘッドホン「Pioneer SE-MHR5」は、出演声優の徳井⻘空が製品写真をツイートしたことで売れ⾏きに拍⾞が掛かかった。また関連イベントの「ご注⽂はDJ Nightですか??」では徳井自身がコラボモデルを⾝に着けて登場し、「同じ物が欲しい」というファン⼼理をくすぐった。