2020年1月23日、AIドライバーアシスタント「Pyrenee Drive(ピレニードライブ)」を開発するスタートアップのピレニーは、同製品のプロトタイプをメディアに公開。開発中の装置を搭載したテストカーに乗り込み、実際に公道を走りながら、ピレニードライブの認識精度を体験した。

ピレニーが開発する「Pyrenee Drive(ピレニードライブ)」
ピレニーが開発する「Pyrenee Drive(ピレニードライブ)」

 ピレニーは、2016年創業のスタートアップ。開発中の「Pyrenee Drive(ピレニードライブ)」はカメラで前方を監視し、危険を察知すると、音と画面で警告する運転支援システムだ。弁当箱サイズの本体をクルマのダッシュボードに置き、電源コードをシガーソケットにつなぐだけで利用できる。設置場所とシガーソケットさえあれば、どんなクルマでも「後付け」で使えるのが最大の特徴だ。

 21年には、衝突被害軽減ブレーキの新車への装着が義務化される見通しであるなど、近年クルマの安全装備は急速に進化している。だが、そうした先進的な安全装備を持たないクルマも、まだまだ多いのが現状だ。ピレニードライブは、そうした既存の自家用車や中古車をターゲットにしている。

 ピレニーの三野龍太代表取締役CEOは、もともと家庭用品を中心に開発・販売する会社を経営していた。6年ほど前に「人の安全を守る製品を作りたい」と考え、構想を練り始めた。そして最新のテクノロジーを研究する中でたどり着いたのが、「交通事故を防ぐ」というテーマだ。

交通事故の9割以上は認識エラー

 三野氏によると、交通事故の90%以上は、見落としや判断の誤りといったドライバーの認識エラーによって起こっている。そこで、従来のドライバーの目に加え、AI(人工知能)という別の“視点”を導入し、人と機械でダブルチェックすることで認識エラーを減らそうというのが、ピレニードライブのコンセプトだ。仮にドライバーの見落とし率が1%、AIの見落とし率が1%だとすれば、ダブルチェックすることで理論上は見落とし率を0.01%まで下げられる。

 後付けの装置なので、最近の自動車に搭載されている衝突被害軽減ブレーキのように、自動的にブレーキをかけるような機能はない。あくまで音と画面での警告になる。だが、「ブレーキと連動しないことにはメリットもある」と、三野氏はいう。ブレーキと一体となった装置は、厳密な動作が要求される。何も無いところでブレーキが作動するとかえって危険だからだ。一方、ピレニードライブのように画面上の警告だけなら、最終的な判断は人間がするため、そこまでシビアな動作は要求されない。このため、最新技術を取り入れながら柔軟にアップデートしやすいのだ。